私の写真歴について

過去記事の文章が、あまりにひどいので

順次加筆・修正して更新させて頂きます。

f:id:nagee4678:20180628223848j:plain

初めてのブログで、

手のひらが汗でグチョグチョだったナゲーです。

 

本日は40年の写真歴について、少し詳しく書きます。

実際に撮り始めたのは、小学4年頃から、姉のコンパクトカメラ

(昔はバカ・・・カメラなんて言ってましたが、今は差別用語なのかな?)

を借りて、近くの駅(主に名古屋鉄道 茶所駅)でパチャパチャと。

それまでは、父親が連れて行った先で、父親が撮ってました。

その写真も混ぜてご紹介していきますが、

その際は、「父親撮影」と書きます。

中学3年(1985年)から、Canon AE-1Pと標準・望遠ズーム2本体制で、

現在はEOS80Dで、やはりレンズ2本体制でやっております。

本当は、あの白いレンズに、すごく憧れてますが、財政難で未だ買えず。

 

と言うわけで、今日は父親が撮影した写真です。

名古屋鉄道 知立駅で撮影した

「3700系」の急行運用。

1979年だったと思いますが、父に連れられ、

名鉄全線をちょびっとずつ

乗ってた頃です。

旧型電車がかなりたくさん走ってました。

吊り掛けモーターも当たり前の時代です。

知立駅は高架化中で、面影はまもなく無くなりますね。

知立駅豊橋方面ホームには、

屋台的な店が数軒あって、

その中でも、ラーメン屋さんが珍しくあって

(駅構内といえば、「うどん・そば」が定番)

美味しかった記憶があります。

 

どんどん変化していくのを見てると

懐かしいし、寂しく思うと、ジジイなんですね。

 

今日はこの辺りで失礼します。