名鉄板つき、Hゴム、高運転台

昨日のショックから立ち直って

ごめんなさい。ネガの番号を間違えてました。

ネガNo.4の最後の写真です。

f:id:nagee4678:20180729201017j:plain

6000系の9次車かな?

6500系と同型の車体で登場しました。6000系もバリエーションが

たくさんあって分かりづらいです。羽島線はかなり以前に開通しているにも

かかわらず、方向幕に用意されておらず、板を運転室内に掲げていました。

今から見ると、妙な感じです。

f:id:nagee4678:20180729201329j:plain

3850系モ3856。Hゴムの運転室窓が特徴でした。

加納駅ですが、右側にあるパチンコ屋はすでにありません。僕の父が少々やってた

時期がありまして、保育園児の時に連れてかれた記憶があります。

当時のパチンコ台は、自動玉打ちではなく、親指ではじく手動の台でした。

保育園児をパチンコ屋に連れ行く親父はどんな人間なんだ!と思いますが、

家は貧乏でしたので、連れて行く所が無かったようです。

この時、加納駅はもう無人駅になってました。

f:id:nagee4678:20180729201933j:plain

5500系モ5509。名鉄好きの方ならよく御存知かと思います。

火事か事故でしたか?損傷したときに高運転台化改造された1両のみの車両です。

違和感がすごいです。つり目と言うか、何か妙な顔つきです。

 

これでネガの4本目を終わります。

たくさん写真がありますので重複する車両も今後出て来ますが、ご了承下さい。

今日もありがとうございました。