リベットゴツゴツの800系・行き先幕が無い6500系

ネガNo.6からの最終回です。

f:id:nagee4678:20180820084010j:plain

800系の単車、モ810

書籍で、戦前からの電車と

読んだ事があります。

 

リベット打ちで、ゴツゴツした車体

これぞ電車、っていうような

均整のとれたスタイル

 

好きな車両の一つでした。

 

800系には2両編成の

バージョンもありました。

 

f:id:nagee4678:20180820084518j:plain

6500系

デビューして数年後

朝間ラッシュで3扉の威力を発揮していました。

当時は、国鉄がようやく

名古屋周辺の列車本数を

増やしてきた頃ですが、

まだまだ岐阜~名古屋間は

名鉄の牙城でした。

朝や夕方は、本当に

 

殺人的ラッシュ

で、身動きがとれない

列車もたくさんでした。

今ではだいぶJRに取られましたね。

 

やはり6500系も、

方向幕のコマ数が少なくて、

途中の駅名がコマに無いのも多く、

「本宿」も看板を掲げてました。

 

これでネガNo.6の紹介は終わりです。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。