岐南・那加・新加納 名鉄7000系・7500系

昭和60年の鉄道写真 ネガ14です。

 

 

1985年6月頃の撮影です。

 

まずは岐南付近

 

f:id:nagee4678:20181026161235j:plain

 

笠松岐南 7000系固定6連

自動幕化以前の、原型に近い美しい姿です。

「高速」も懐かしいです。

 

f:id:nagee4678:20181026161458j:plain

 

7000系4連の特急。

まだまだ白帯車は少なくて、

このような特急も走ってました。

 

ケッタによる遠征も、この頃から増えてきました。

 

f:id:nagee4678:20181026161848j:plain

 

岐阜界隈ではないですね。

国鉄高山本線 那加駅。

 

 

ケッタでかなり遠くまで来ました。

このような古い駅舎もまだたくさん有りました。

 

f:id:nagee4678:20181026162037j:plain

 

新那加駅で、7500系。

 

「犬山経由新岐阜」板が、新鮮に見えました。

各務原線は4両ホームがほとんどで、

6両の普通電車は、車掌さんが大変そうでした。

 

f:id:nagee4678:20181026162421j:plain

 

名鉄各務原線 新加納駅

ホームは砂利でガタガタでした。

この辺りも「加納」という地名なのでしょうか?

 

ホームのすぐ後ろは民家でした。

名鉄の駅はホームと民家が一体化している

駅も珍しくありませんでした。

 

f:id:nagee4678:20181026162718j:plain

 

名鉄3850系。

鉄道写真の良い失敗例です。

露出はアンダー、影はまるかぶり、

今でも失敗します。

 

ホントにひどい写真ばかりでスミマセン。

 

今日はこの辺りで。