細畑・茶所 3700系・5000系 岐阜界隈

引き続き、ネガ14からです。

多分、昨日の市ノ坪から続きで、

ケッタで移動しました。

なんせ、日付を記録してなかったので、

記憶が曖昧で。

 

f:id:nagee4678:20181028142051j:plain

名古屋鉄道 各務原線 細畑駅

 

にやってきました。

毛筆体の駅名がすばらしいです。

味がありますね。

本当に上手な字で書いてありました。

(勝手に手書きだろうと解釈しています)

細畑駅は、高い位置にありますので、

今も、見晴らしが良い駅です。

f:id:nagee4678:20181028142347j:plain

3700系

が、やってきました。

各務原線に3700系シリーズが

入線するのは、結構珍しいことでした。

上の写真は、顔は3730系、

中身は3700系で、クロスシート

見分けは車番と、横の片開きドアぐらいかな。

f:id:nagee4678:20181028143949j:plain

5200系

1両のみの高運転台車。

晩年は2両編成で活躍していました。

 

おそらく違う日ですが、

定番の撮影スポットへ。

f:id:nagee4678:20181028144220j:plain

加納~茶所間 茶所2号踏切より 5000系

 

 

編成は入りませんが、急カーブで

迫る電車をバッチリ撮れる場所です。

この踏切は、人しか通れない踏切で、

悲しい事故が多発している踏切でもあります。

この時はまだ警報機のみで

遮断器が付いていなかった記憶があります。

5000系は前面窓が大きくて、

運転室直後の席は、眺望が良かったです。

優等運用が多かったので、

「高速」とかで走ると、台車がコイルばねのせいか、

上下左右に相当揺れました。

f:id:nagee4678:20181028144949j:plain

最後は

7500系

パノラマカーの行き先文字も

車両によって特徴があって、

この7500系は、

後から付け足したのか、

「河和」の文字は細い字体でした。

 

運転士用の駅名標も、毛筆体ですね。

 

これで、ネガ14は終わりです。

ご覧いただき、ありがとうございました。