鉄道三昧 最初で最後の家族1泊旅行 特急北アルプス完乗

ブログをやり始めて、昨日、

最初の「ずる休み」をしてしまいました!

ごめんなさい!

昨日、中央線へ紅葉を撮りに行ったのは良いのですが、

早朝家出だったのと、

今日は夜中出勤ときてまして、

気力が持ちませんでした。

極力、ずる休みは避けるよう努力します。

 

薮原付近まで行きましたが、

とても綺麗な紅葉でした。やはり平地とは色が違いました。

近いうちに公開します。

 

では、本日の内容にまいります。

 

表題に関しまして、

僕が子供の頃は、両親と姉2人の

5人家族だったんですが、

僕が中学2年時点で、姉2人は嫁いで居なくなり、

オマケに貧乏家でしたから、姉が居なくなる前も、それからも

1回も「家族旅行」なるものをしたことが無く、

これからお見せする、

黒部峡谷鉄道と、

行き帰りに、好きな列車に乗せてやる

という、父親の鶴の一声で、

最初で最後の3人家族1泊旅行となりました。

時は、1985年7月26~27日

往路は、かねてから乗ってみたかった、

名鉄キハ8200系、特急北アルプス

国鉄高山本線は、合理化で

特急ひだは全て、高山・飛騨古川止まり

富山直通は、なぜか私鉄特急に任せるという、

いかにもやる気の無いダイヤになっていました。

 

では、写真公開にいきましょう。

f:id:nagee4678:20181101151021j:plain

まずは、「北アルプス」に乗るため、

犬山へ向かいました。

待っていると、

7000系 「特急 明治村口」行きが

入線してきました。

今は、駅名が「羽黒」駅になりましたが、

当時は、明治村へ行く手段は

犬山の次の駅の「明治村口」からバスでした。

この特急は、犬山で「普通」に変わりました。

ハチャメチャな運用ですね。

f:id:nagee4678:20181101151404j:plain

「特急 北アルプス」の乗客になりました。

とても興奮しました。

車内は、名鉄電車そのもの。連続窓で、まさにワイドビュー

座り心地は、キハ82よりも柔らかくて最高。

走行音は、国鉄ディーゼルカー

不思議な空間でした。

高山からは、乗客もまばらに。

ミュージックホーン国鉄線内は吹鳴禁止だったとか。

f:id:nagee4678:20181101151720j:plain

途中ですれ違った国鉄車両。

f:id:nagee4678:20181101151954j:plain

富山に着きました!長かった~。

5時間くらいかかった気がします。

今もそうですが、富山駅高山線ホームは

一番端っこで、改札口まで遠いこと!

 

国鉄車両ばかりの富山で、

キハ8200系は、とても輝いていました。

一昔前は、更に富山地鉄まで乗り入れていたなんて、

すごいことですよね!

特製サボも、社名板も(字体がスゴイ)、チョーカッコイイです。

f:id:nagee4678:20181101152516j:plain

国鉄車両に負けていない、

貫禄十分の顔です。圧倒的な存在感です。

 

この世に1両も残されていないことが

残念でたまりません。

ホントに素敵な車両でした。

 

しばらく、この旅行で撮った

今は亡き車両たちを公開していきます。