昭和60年の黒部峡谷鉄道 凸形電機

「ホテル黒部」

に、1泊しました。

宇奈月の街からは離れたところにあって、

父親に浴衣で散策に行くぞと言われたけど、

とんでもない距離でした。

 

その時の夕飯です。

f:id:nagee4678:20181105182029j:plain

ちょっと少ないように感じます。

好き嫌いが激しかった僕は、

あまり食べれるものがありませんでした。

 

f:id:nagee4678:20181105182157j:plain

ホテルの部屋から、トロッコ列車

丸見えでした。

早朝から満席!

 

とはいえ、望遠で撮った写真ですが。

逆光で、右下にフレアが出てしまいました。

かなりアンダーな画像を明るさ補正しました。

 

かなりの混雑を覚悟して、

宇奈月駅へ向かいました。

駅は、すごい人でごった返していましたが、

なんとか、開放型トロッコの席を確保。

f:id:nagee4678:20181105182836j:plain

列車から見た、「ホテル黒部」

もう、このホテルは無くなったのかな。

f:id:nagee4678:20181105182931j:plain

重連電気機関車が、

小さいながら、16~7両の客車を

引っ張る姿は、迫力満点!

この後ろは写っていませんが、

ズルズルと客車が繋がっています。

f:id:nagee4678:20181105183123j:plain

建設中の「出し平ダム

黒部川は、まだまだ開発中でした。

f:id:nagee4678:20181105183233j:plain

猫又駅で、貨物列車と行き違い

凸型の電気機関車でした。

目が大きくて、かわいい感じです。

このような貨物列車も

頻繁に運転されてました。

 

まだまだ黒部峡谷鉄道の旅は続きますが

今日はこの辺りで。