昭和60年の鉄道写真 黒部峡谷鉄道

昨日は仕事が遅くなり、

ブログ更新をさぼりました!

ごめんなさい!

 

引き続き、黒部峡谷鉄道編を

進めてまいります。

 

f:id:nagee4678:20181107150842j:plain

開放型トロッコは、渓谷が手に取るように

間近に見える感じです。

f:id:nagee4678:20181107151011j:plain

鐘釣駅で行き違い。

どっちの列車も満杯です。

 

f:id:nagee4678:20181107151325j:plain

欅平駅に着きました。

もう30年以上行ってないので、

現在の雰囲気とは、かなり違ってるのでしょうか。

 

インターネットで「ホテル黒部」を調べたら、

まだ営業してました。

外観も当時とほぼ同じでした。

 

f:id:nagee4678:20181107151611j:plain

乗ってきた、開放型の客車。

形式は「ボハフ」と書いてありました。

私鉄はいろいろ読み方があって面白いです。

f:id:nagee4678:20181107151803j:plain

こちらは、ワンランク上の車両。

やっぱり、囲いは無い方が良いと思います。

 

新聞記事で読みましたが、

関西電力が、欅平から先の区間

一般に開放するらしいですね。

開放されたら、是非行きたいと思ってます。

おもしろそうですね。

 

今日はこの辺りで。