富山の鉄道編 名鉄緑色電車を彷彿させる14710形

今日は一気に公開して

富山県を終了します。

 

黒部峡谷鉄道を1往復して

宇奈月へ帰ってきました。

f:id:nagee4678:20181108171829j:plain

宇奈月駅です。

機関車たちが休憩していました。

小さいので、運転室は狭そうです。

f:id:nagee4678:20181108172117j:plain

貨物列車が発車するところです。

凸形機関車の運転士さんは、横向きに運転しているようです。

貨車もかわいいサイズです。

f:id:nagee4678:20181108172318j:plain

宇奈月駅の外観です。

今も同じかな?

f:id:nagee4678:20181108172441j:plain

富山地方鉄道 14710形

これが2つ目の目的でした。

名鉄3800系の面影を色濃く残しています。

カエルみたいな顔してますが・・・

塗装も、名鉄旧型車の

「緑色」を彷彿させて

どうしても写真を撮りたかった車両なので、

今回帰りに、電鉄富山駅に偶然停まってて、

とても幸運でした。

f:id:nagee4678:20181108172917j:plain

電鉄富山駅も、木造で

すごく古そうでした。

残念ながら、写真は撮りませんでした。

f:id:nagee4678:20181108173034j:plain

新しく立て替えるのか、工事中でした。

f:id:nagee4678:20181108173120j:plain

f:id:nagee4678:20181108173144j:plain

残りの時間を、富山駅前で

市内線の車両を撮りました。

個人的に「緑色」が好きなので、

見ていて落ち着く塗装です。

この時代、まだまだ冷房車は珍しかったので、

しっかり「冷房車」をPRしています。

f:id:nagee4678:20181108173621j:plain

最後に、

日本国有鉄道 富山駅 旧駅舎

いかにも国鉄って感じの駅舎でした。

今の姿からは想像もつきませんね。

では、最後の目的へ移動します。

 

今日はこの辺りで。