トロッコ列車 清流ながら号

ネガNo.21から紹介してまいります。

時は、1985年8月3日

中学2年なんて、まだまだクソガキでしたので、

遠出は父親がついて来たのですが、

そろそろウザいと思う年頃。

 

この日も父親同行。

f:id:nagee4678:20181120175549j:plain

国鉄高山本線 美濃太田駅

この年からスタートした(のかな?)

トロッコ列車 清流ながら1号

旧型客車に乗る機会が来るとは。

メインはこちら↓

f:id:nagee4678:20181120175848j:plain

これぞトロッコ

これは、黒部峡谷鉄道とはまた違った、

大型トロッコ車。この時は興奮しましたね。

f:id:nagee4678:20181120180139j:plain

車内はこんな感じ。

列車は、美濃白鳥行きで、片道2~3時間かかった覚えが。

木の椅子で、ケツが痛くなった記憶があります。

もともと貨車なので、揺れもダイレクト。

f:id:nagee4678:20181120181145j:plain

旧型客車の室内は、装飾されていました。

f:id:nagee4678:20181120181237j:plain

なぜか、DD16形が登場!

DE10ではないのが意外でした。

f:id:nagee4678:20181120181522j:plain

DD16形16号機(ぞろ目?すごい!)

も連結され、出発準備は整いました。

ヘッドマークもしっかりしたものです。

国鉄の意気込みをものすごく感じます。

 

今日はこの辺りで。