名鉄黒野駅の古豪たち

今年も残すところ、362日。

毎年、年頭にはそう思います。

毎日大切に生きましょう!

どうせ、いつかは死ぬんだから。

 

ということで、昭和を振り返ります。

ネガ26 その3です

 

f:id:nagee4678:20190103171702j:plain

黒野駅へ帰ってまいりました。

検車区には「モ750形」ワンマンカー仕様が

出番を待っています。

アーチ形の台車枠がカッコイイです。

 

f:id:nagee4678:20190103171815j:plain

結構、次から次へと電車がやって来ます。

 

f:id:nagee4678:20190103171936j:plain

こちらは「モ700形」

この電車は、単車では運転出来ない電車です。

f:id:nagee4678:20190103172044j:plain

「ク2320形」

これは低運転台形。

主に「モ700形」とペアを組んでいました。

制御車なので、発車するときは

「ガッチョンガッチョン」と前後に揺れました。

揖斐線では大型車なので、車内がとても広く見えました。

 

いろんな車種が居て、飽きない揖斐線でした。

 

今日はこの辺りで。