東海道を走るEF510形と、霧に霞む木曽川橋梁

2018年5月18日

 

日出の時刻が早くなってくるこの時期を、

待ちに待って、出かけました。

北陸路から東海道へ遠征してくる

EF510形は、早朝5時過ぎに

岐阜を通過するので、

5月~6月が絶好のタイミング。

 

まだ東海道を走るEF510形を

撮ってなかったので

まずは岐阜貨物ターミナルへ出かけました。

f:id:nagee4678:20190113154441j:plain

EF510の牽く列車の到着前、

下りの貨物が発車待ち。

 

f:id:nagee4678:20190113155226j:plain

そして4時50分頃、EF510がゆっくりと入線。

構内にある踏切を通過します。

今日は元北斗星機。

パッと見、EF210にも似てるので

東海道で撮るには、赤色のほうが珍しい感が出ます。

 

f:id:nagee4678:20190113155522j:plain

岐阜貨物ターミナル停車中に、木曽川へ移動しました。

定番中の定番地で、右側には多数のマニアさんがいましたので、

左側へ移動。

岐阜のシンボル、金華山は霞んでいます。

f:id:nagee4678:20190113155719j:plain

この時間帯は、結構貨物列車が走ってますので、

ついでに撮影。

 

目的は達成しましたので、帰路につきました。

県道の木曽川橋を渡っていましたら、

名鉄木曽川橋梁が、良い具合に霧に霞んでいましたので、

寄り道して、霧が晴れるまで撮影。

f:id:nagee4678:20190113160331j:plain

こうゆうのは川霧と言うのでしょうか?

「もや」なのでしょうか?

f:id:nagee4678:20190113160508j:plain

構図を考える間もなく、

電車が来てしまいましたので、

とっさに撮影。

f:id:nagee4678:20190113160611j:plain

次の電車を待とうと思いましたが、

太陽が昇るにつれ、この霧も

あっという間に消滅。

この間、約10分。

写真の撮影は、思いつきと咄嗟の行動が

大事な時もあります。

じっくり撮りたいけど、いつ霧が出るか分かんないですしね。

偶然のたまものでした。

 

僕の写真の腕では、これが限界の風景写真です。

もっと上手に撮れるといいんですけどね。

 

今日はこの辺りで。