中学生のくせに、奮発して「急行ユーロライナーのりくら」に乗ってしまった

どうしても、どうしても、

どうしても乗りたくて、

乗ってしまいました。

 

「急行 ユーロライナーのりくら」

全車グリーン車

 

そんな金がどこにあるんだ!

 

でも、乗ってしまった。

 

f:id:nagee4678:20190131164753j:plain

1985年10月13日。名古屋駅

発車を待つ「急行ユーロライナーのりくら」

時間の制約で、下呂までの乗車。

乗車券+急行券+グリーン券!

当時の金額がいくらだったのか、覚えてないですが、

目玉が飛び出る金額だったかと・・・。

 

一番端っこのホームから、寂しく発車です。

 

f:id:nagee4678:20190131165651j:plain

 

目玉列車なのに、名古屋発車時点で、

お客さんは数えるほど。

やっぱり、金額が高すぎですよね。

早速、展望車に陣取り。

岐阜から方向が変わるので、

岐阜までは「DD51592」とにらめっこ。

優しい顔ながら、唸りはパワフル。

 

f:id:nagee4678:20190131165933j:plain

快調に飛ばして、岐阜到着。

機関車は反対側へ。

ホームからは好奇の眼差し。

(たぶん、「写真撮ってる、気持ち悪い」とか思ってるんだろうな)

 

f:id:nagee4678:20190131170140j:plain

機回しの時間で、ちょっと降りて

記念撮影。

快適な飛騨路の旅が始まります。

 

今日はこの辺りで失礼します。