恵那駅へ寄り道 目的は・・・。

津川駅から快速に乗って帰路につきます。

 

昨日、中津川までの列車について話しましたが、

その後少し記憶がよみがえり、

当時も、多治見~中津川間は、

「快速」と言いつつ、「各駅停車」だったと思いました。

本数はやはり、1時間1本か30分に一本だったかと。

現在の列車パターンにも受け継がれています。

 

帰りは、「恵那駅」に寄り道です。

f:id:nagee4678:20190211092902j:plain

到着しました。

「え」と「な」の文字が、離れすぎてるような。

 

f:id:nagee4678:20190211093408j:plain

当時の構内は、こんな感じ。

あまり変わってませんね。

f:id:nagee4678:20190211093501j:plain

駅舎はこんな感じ。

今は、撮影に行く途中に、

国道19号でスルーしてしまいますが、

当時に比べて、ビルやお店が格段に増えた気がします。

降りたときは、とても静かな、

あまり人通りもない駅前でした。

 

恵那駅に降りた目的はこれ ↓

f:id:nagee4678:20190211093801j:plain

明知鉄道レールバス。「アケチ1形」

明知鉄道の開業は、1985年11月16日。

ってことは、中津川機関区で撮影した

キハ52系の「さようなら明知線」のマークは、

まだお披露目前だったって事?

このブログを書いていて、その事にはじめて気づきました。

 

試運転の列車が、ちょうど来て撮れました。

それにしても、見学者はほぼゼロ。

ひっそりと試運転の新車は発車していきました。

この先大丈夫なのか?とも思いましたが、

現在も「明知鉄道」は元気にがんばってます!

 

静かな恵那駅に別れを告げて、

名古屋駅へ向かいます。

 

今日はこの辺りで失礼します。