昭和~平成を駆け抜けた、名機の旅立ち 

久しぶりに、稲沢で留置されている

機関車たちが気になったので、

愛知機関区へ様子を見に行きました。

 

日本の経済を、がむしゃらに走って支えた

名も無き機関車たちが、旅立ちの瞬間を迎えていました。

 

形ある物は、いつか壊れると言いますが、

いざそうなると、寂しくてたまりません。

 

僕も2年前に20年間一緒に居た

愛猫が、旅立ちました。

その寂しさは、今でも抑えられません。

 

f:id:nagee4678:20190214150545j:plain

旅立とうとしている、DD511805号機と

旅立ちの時を待つ、EF641016号機。

ひとつずつ、部品が取り外されていきます。

 

どんな物にも、命が宿っていると思っています。

この2両の機関車に、

心から「お疲れ様でした」と、言いたいです。

特にこの地方で活躍した機関車なだけに、

あなた達の活躍は、ずっと忘れないです。

 

やっぱり、こういうのを見ると寂しくなりますが、

これも、記録だと思って撮っています。

最近、「葬式鉄」とかいって、

専門で出かける方もいらっしゃるようですが、

叫んだりプラカード掲げるのもいいですが、

僕は、静かに見送りたいです。

 

f:id:nagee4678:20190214151609j:plain

 

f:id:nagee4678:20190214151701j:plain

 

f:id:nagee4678:20190214151731j:plain

 

f:id:nagee4678:20190214151813j:plain

この世に生をうけて、必死に走ってきた2両の機関車。

本当にがんばったと思います。

ゆっくり休んでほしいです。

 

f:id:nagee4678:20190214152104j:plain

形あるままに保存される車両は、ほんのわずか。

大半は、誰にも知られることなく、

その命を終えていきます。

でも、そうした車両や人が沢山居て

日本の鉄道は支えられています。

そのことを、ちょっとでも思い描いて、

写真を撮ったり、鉄道を利用したり

したいと思っています。

 

ついでに、現役バリバリで走っている

車両も撮りましたので、貼り付けます。

f:id:nagee4678:20190214152729j:plain

 

f:id:nagee4678:20190214152829j:plain

朝に走っていった「EF510-509号機」

仲間たちに囲まれて、しばしの休息。

また、がんばって走って下さいね!

 2018年5月29日撮影


鉄道って、ほんとに奥が深いです!

 

今日はこの辺りで失礼します。