細長~い電車と、ついでに長森駅

今日は、名鉄美濃町線の名物電車だった

「モ600形」の名称列車です。

 

2005年に廃線になって、はや14年。

岐阜の街も寂しくなりました。

 

f:id:nagee4678:20190215171921j:plain

鉄道好きな方なら御存知の方も多いと思います。

縦長の、細長い電車。

強風が吹いたら、倒れそうです。

朝方のラッシュ時は、2両編成が走っていました。

細長いのに、車内は転換クロスシート

1人・2人掛けの千鳥配置でした。

余談ですが、写真右側には

「長住町車庫」が写っています。

市内線のチンチン電車が休憩した場所です。

 

f:id:nagee4678:20190215172936j:plain

600形が手を繋いでいます。

顔がペッチャンコです。

連結面間の距離は、とても長いです。

 

この電車が折り返し、

名鉄名物の名称列車になります。

f:id:nagee4678:20190215173220j:plain

「もみじ号」

美濃行きとありますが、

新関駅で乗換だったような。

美濃市の小倉公園での「もみじ祭」にちなんで

運転されました。

名鉄はこういうイラスト入りの名称列車を

たくさん運転していました。

ちょっと着飾った「600形」でした。

 

2両目は、「市ノ坪」で切り離して車庫に入ります。

 

続いて、国鉄長森駅へ「ケッタマシーン」で移動。

目的は特に無かったですが、なんとなく向かいました。

 

f:id:nagee4678:20190215173919j:plain

国鉄ローカル線の、田舎駅って感じです。

駅名標は木造。

ホームは昔のままのすごい低さ。

誘導ブロックも未整備でした。

岐阜行き普通を待たせて、特急ひだが通過します。

 

f:id:nagee4678:20190215174215j:plain

駅舎は近代的。というか、ただの箱。

ホームの前時代的な姿と、すごくアンバランスです。

この駅舎は、今でも現役です。

 

ちょっと昔の岐阜の写真でした。

 

撮影日:1985年11月17日

 

今日はこの辺りで失礼します。