年末の岐阜を駆け抜けた国鉄列車

いよいよ、昭和60年に

さようならをするときが、やってまいりました。

 

今日は、岐阜地区を通り過ぎた

年末の国鉄模様をご紹介します。

今後も重複して、同じような写真が

出て参りますが、ご了承下さい。

撮影は全て、岐阜~木曽川間(岐阜市南部)

高架化以前の地平区間

撮影日は1985年12月31日です。

 

f:id:nagee4678:20190225165442j:plain

まずは、「EF62形」荷物列車。

年末でも、荷物列車は休まず走りました。

 

いろんな鉄道雑誌に一大ニュースで書かれましたが、

まさか、EF62形が東海道で撮影できるなんて、

ビックリ仰天でした。

 

EF65やEF66を見慣れた僕にとっては、

この大きい図体の機関車は、ほんとの山男って感じでした。

f:id:nagee4678:20190225170506j:plain

お馴染みの「特急しらさぎ

 

かなり以前は、貫通型や非貫通型ばかりでしたが、

ボンネット形が増えて、すっかり見慣れました。

 

f:id:nagee4678:20190225170653j:plain

 

f:id:nagee4678:20190225170808j:plain

「20系 臨時特急あさかぜ」の回送列車。

年末は東京から下りのみ、

年始は東京へ上りのみの設定だったような。

 

日中に東京へ帰っていく寝台列車が見られました。

 

すごい逆光で、右下にフレアが出てしまいました。

f:id:nagee4678:20190225171128j:plain

 

f:id:nagee4678:20190225171252j:plain

ユーロライナー中間車を使用した

「臨時特急 金星」の回送列車。

ユーロ車はグリーン車扱いだから、

個室でゆったりだけど、かなりお高め。

回送なのに「金星」表示出しっぱなしでした。

f:id:nagee4678:20190225171706j:plain

こちらは「臨時急行 銀河」の回送。

と言われても、普通の団体列車にしか見えませんね。

でもたしかに、回送です。

 

鉄道ダイヤ情報」という本が創刊して

とても役立つ情報が手にはいるようになり

掲載された時刻から岐阜近辺を予想して

撮影できるようになりました。

 

f:id:nagee4678:20190225172042j:plain

「急行 のりくら」

 

f:id:nagee4678:20190225172155j:plain

「急行 ちくま84号・くろよん」

夕方に近づき、写真が暗くなってきました。

ネガの状態も悪くて、こんな発色に。

 

以上、駆け足で

年末の岐阜を駆け抜けた国鉄列車をご紹介しました。

晦日1日だけで、これだけの列車が撮れました。

 

いろんな客車列車が、まだまだ堂々と走った

昭和60年でした。

 

ついでに

f:id:nagee4678:20190225172505j:plain名古屋鉄道 新岐阜駅

晦日で、最終電車(左側)が出た後の

右側が終夜運転した「特急迎春稲荷号 豊川稲荷行き」

終夜運転(1本だけですが)前宣伝がすごかったし、

名称までついていましたので、

イラスト系統板だろうと思って出向いたら、

普通の系統板でした・・・・。

ちなみに、ガラガラでした。

 

良い子は、こんな時間に出歩いてはいけませんね。

では、良いお年を・・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。