昭和61年を迎えました!岐阜の年始の国鉄列車

新年を迎え、昭和61年になりました。


僕の一眼レフ人生が

昭和61年で2年目に突入です!

 

新年1発目は、またまた

年始を走った臨時列車から。

f:id:nagee4678:20190226193247j:plain

何も表示が無いので、何の列車か全く分かりませんね。

この年から始まった、「臨時普通 豊川行き」

豊川稲荷参詣は、名鉄の独擅場。

そこにちょっと切り込んだのが、国鉄の施策。

少しでも、豊川稲荷のお客を取り込めないかと

頑張ったんですが、結果はご想像の通り。

運賃も高いし、勝ち目はありませんでした。

 

f:id:nagee4678:20190227172918j:plain

 

f:id:nagee4678:20190227173238j:plain

「EF62形」が「20系」客車を引っ張りました!

トヨタ社員専用帰省列車「急行ふるさと」熊本発岡崎行き。

特別な列車を仕立ててまで走った専用臨時列車。

年末は、583系で運転されましたが、

真夜中でしたので撮影ならず・・・。

この列車は、午前中に通過しましたので、

ゲット出来ました。

「EF62形」の、東海道優等列車を牽く勇姿が

僕にとってとても貴重な写真になりました。

 

以上は、1986年1月5日に撮影。

 

以下に、その他の写真を

パパパパパっとご紹介します。

 

f:id:nagee4678:20190227174123j:plain

高山本線 長森~岐阜間 高架化以前の様子。

東海道本線と合流寸前の地点。

「急行のりくら」が岐阜に向けてスパート。

民家が線路際まで建ち、傘とか畑とか・・・。

f:id:nagee4678:20190227174410j:plain

「普通岐阜行き」キハ48-1001号車。

気持ち、ピカピカです。

f:id:nagee4678:20190227174611j:plain

岐阜で進行方向が変わる「特急ひだ」

すでに、後部標識が点灯しているのはご愛嬌。

名古屋からひだに乗ると必ず出会う儀式がありますが、

皆さんは御存知でしょうか?

(鉄道好きな方はおそらく知ってますネ)

 

答えは後ほど。

 

f:id:nagee4678:20190227175042j:plain

単機で帰る「DD51」

高山本線には、セメント貨物が走っていました。

f:id:nagee4678:20190227175144j:plain

大阪からの「特急しなの」381系。

関ヶ原付近の雪を蓄えて走ってきました。

f:id:nagee4678:20190227175236j:plain

 

 

f:id:nagee4678:20190227175412j:plain

「特急しらさぎ」は、北陸で付いた雪でしょうか。

 

以上、岐阜地区の年始の列車をご紹介しました。

 

先程の「特急ひだの儀式」は、

「名古屋~岐阜間は、座席を進行方向と

逆向きにして走る」でした。

岐阜で向きが変わるので、予め逆向きにセットしています。

その伝統は、現在の「キハ85」になっても続いています。

木曽川とかで写真を撮ってると、

高速走行で走るひだのお客さんが、ほぼ反対向きで

座って走り去る光景は、なかなか壮観です。

よろしければ観察してみて下さい!