中学生の小旅行 国鉄特急街道 あこがれの敦賀駅へ!

今回は、小学生からの友人と、

2回目の、中学生日帰りトリップを

ご紹介します。

 

敦賀へ行こうと思い立ったのは、

「583系」の特急列車運用離脱が迫っていたので、

どうしても記録しておきたかったから。

 

というわけで

1986年2月11日に決行しました。

米原北陸本線の始発に間に合うように

東海道本線を西下。

 

まず最初のビックリ!

これは、後で写真の整理をしたときに

分かったのですが、

f:id:nagee4678:20190306165716j:plain

「473系」交直流急行形電車。

全く知らなかったのですが、

1ユニット、わずか2両の製造で終わった

希少種でした!

f:id:nagee4678:20190306170942j:plain

(間違ってたらごめんなさい。一応ネットで調べたんですが)

こんなすごい車両を偶然撮ってしまった事に

33年後に気づきました!

 

敦賀までの道のりは、一面雪景色でした。

まぶしすぎて、目を閉じたら

世界が緑色に。

 

車窓を撮った写真が無いので、

文章だけで進行します。

 

とうとう、敦賀駅に到着しました。

中学生の僕にとっては、

以前ご紹介した、中津川と同じで

異世界空間。

 

さっそく、見たことのない車両を撮りまくります。

f:id:nagee4678:20190306171626j:plain

まずは、「クハ455」北陸地域色。

419系が登場して、同じ塗色にされました。

この時は、まだ国鉄色が大勢で珍しい存在。

f:id:nagee4678:20190306171852j:plain

おなじみ、「485系特急雷鳥

遠くの敦賀機関区には、「EF70」の

大量休車群が。

f:id:nagee4678:20190306172059j:plain

交流専用だった「EF70」が、効率化で

全て交直両用「EF81」に交代になりました。

ごちゃ混ぜの貨物列車が中線に来ました。

f:id:nagee4678:20190306172352j:plain

f:id:nagee4678:20190306172424j:plain

編成前後で顔が違う「特急雷鳥

連結器の覆いが、僕にはオシャレに見えます。

 

ホーム先端で写真を撮っていたら、

突然、人の声が・・・。

「あんたらどっから来たの?」

ビックリして逃げました。

あとから知ったのは、「トークバック」という

スピーカー状の通話機。

貨物列車の写真の右にに写っている建物(信号扱い所)の職員さんから

たぶん見えたんでしょうね。

 

しばらくして戻って来たときに

また話しかけられたので、

「岐阜から来ました!」と

しゃべってみたら、

「よう来たな!」と返事が。

通じました!

すごい!

「いっぱい撮ってってよ!」(方言が違いますが)

と言われ、遠慮無くかけずり回りました。

現在のJR駅にも、丸いスピーカー状(ラッパの形)のものが

柱や、ポイントの近くに建ってたりしますので

(最初の雷鳥の写真の左側に写ってます)

興味のある方は、探してみて下さい。

 

ドンドンいきます。

f:id:nagee4678:20190306173732j:plain

f:id:nagee4678:20190306173752j:plain

「臨時急行 加賀」

急行形電車の「急行列車」は、

ほぼ全廃され、特急に格上げされていましたので、

なぜか臨時列車だけ客車に。

f:id:nagee4678:20190306173955j:plain

 

お目当ての「583系」が来ます。

f:id:nagee4678:20190306174038j:plain

f:id:nagee4678:20190306174100j:plain

f:id:nagee4678:20190306174124j:plain

今でも、僕が一番好きな国鉄車両です。

めちゃくちゃ、カッコイイです。

鉄道好きにしかわからない、この気持ち。

青色の塗装が、特別な感じを引き立てます。

すでに、583系の列車は定期からは撤退。

この列車も「臨時特急 雷鳥53号」として、

1日1往復のみ。

 

無事撮れました。

帰って来る列車を、すごく寒い中待ちます。

 

続きは後日。

今日はこの辺りで失礼します。