親父の犠牲になって

僕は、ガス溶接の免許を持ってますので、

たまに会社で切断とかをやるのですが、

腕前は、下の下。

今日はその仕事をやる羽目に。

パンパンパンとはねるわ、火の粉が降り注ぎ、

背中に火の粉が入り、かちかち山状態。

不的確な人に免許を交付したら、ダメですよね。

 

ということで、今日からまた電車に戻ります。

1986年4月5日。

この日は家族で、何かの用事で、

母方(既に他界)の実家(中川区)に出かけたときのこと。

父は、母方の実家が嫌いらしく

(普段から文句を言っていた)

到着と同時に、

「息子が電車撮りたいって、譲らんもんで、

しゃあないで連れて行くわ」

自分をネタに、抜け出しました。

僕は母方の実家が好きでしたので、

心の中は、「何言ってんだ、クソ親父」

と思いつつ、連れ出されました。

カメラは、用が無くても常備していたので、

撮ったことは撮ったので、その時の写真を。

f:id:nagee4678:20190312171007j:plain

ここまで連れてこられました。

三岐鉄道 西藤原駅

ちょっと遠いんじゃないっすか!?

f:id:nagee4678:20190312172336j:plain

f:id:nagee4678:20190312172408j:plain

初乗りの、三岐鉄道でしたが、

ほとんど記憶に残っていません。

f:id:nagee4678:20190312172510j:plain

この電車は、今でも走っているのでしょうか?

 

1往復しただけで、とんぼ帰り。

f:id:nagee4678:20190312172616j:plain

なぜか、国鉄関西本線で母方実家まで帰ることに。

f:id:nagee4678:20190312172701j:plain

これは、見たことが無かったので、

記念撮影。今でも変わらない光景。

f:id:nagee4678:20190312172808j:plain

関西本線 八田駅で降ろされました。

ここが母方実家の最寄り駅。

歩いて30分以上はかかります。

さては、なるべく遅く母方実家に着く時間稼ぎか・・・。

一番近いのは、地下鉄の高畑駅なのに。

ここでも足止めを狙って、父親が勝手な事を

言い出しました。

 

続きは、また次回。

今日はこの辺りで失礼します。