米原駅あれこれ

仕事で今日は、午前3時40分に出勤。

昼過ぎに帰宅しまして、

昼寝の前に、ブログを書きます。

寝た後は、もちろん鼻づまりでノドカラカラ。

目と鼻を取って洗いたい。

 

ということで、

「サロンエクスプレス東京」が去った後の、

米原駅の列車たちをご紹介します。

これで、米原駅は何度目ですかね?

食傷気味ですが、ご了承ください。

f:id:nagee4678:20190318153617j:plain

米原駅といえば、「近江鉄道

ホームは一段下がった所に、裏庭っぽく存在していました。

現代風に言う、ラッピング電車「若鮎電車」

f:id:nagee4678:20190318153556j:plain

東海道本線の普通電車「165系」が入線。

転線後、岐阜方面の列車になります。

デカ目がチャーミングです。

f:id:nagee4678:20190318154121j:plain

続いて「特急しらさぎ」が入線。

特急が来ると、ホームが弁当売りで賑やかになります。

f:id:nagee4678:20190318154237j:plain

昼でも荷物列車は走ってます。

先頭には「EF62]ですが、なぜか撮らず。

f:id:nagee4678:20190318154353j:plain

北陸線ホームには「特急加越」が並びました。

f:id:nagee4678:20190318154444j:plain

f:id:nagee4678:20190318154514j:plain

昼下がりの、のんびりした空気。

国鉄には、せかせかしたムードは皆無でした。

東海地方はどこの駅へ行っても、のんびりムードが

漂っていました。

 

f:id:nagee4678:20190318154728j:plain

岐阜へ帰る列車「165系」が入ってきました。

北陸線の列車が隣のホームに横付け。

かつての急行スターが並びました。

塗装一つで、同じ車体なのに、

まったくイメージが変わるもんですね。

 

大垣行きでしたので、一旦下車。

f:id:nagee4678:20190318155214j:plain

樽見鉄道 ハイモ230-301」

ついでに撮りました

 

それほど古く無い写真ですね。

僕も、まだついこの間の気がしています。

100年後ぐらいには、

貴重な写真になりますかね?

 

1986年4月13日。

 

今日はこの辺りで失礼します。