クロネコヤマトの宅急列車

僕は意志が非常に弱いので、

抑制が効きません。

目がかゆすぎて、「ガマンガマン」と

言い聞かせるのですが、

魔の右手が自分の目を襲います。

まさに、「かっぱえびせん」状態。

アフター・カーニバル。

 

ということで、本日は2日間にわたって待ち伏せ

「ヤマト」列車の写真をご紹介しますが、

いたって平凡な写真ですので、

サラサラと見て頂ければ幸いです。

 

1日目は、2018年6月19日

長良川鉄道 関駅に近い時間貸し駐車場から

待ち伏せます。

f:id:nagee4678:20190319201754j:plain

来たのは、「ナガラ200形」

昔風に言う、張り上げ屋根。海坊主に見えます。

何本か待ちましたが、いつもの車両ばかり。

近くの車庫へ見に行くと。

f:id:nagee4678:20190319202759j:plain

居ました。しかも反対向き。

エンジンはかかっているものの、

動く気配なし。断念。

 

翌日、2日目です。

同じ場所でまた待ち伏せ

f:id:nagee4678:20190319202941j:plain

おもむろに、車庫から1両出てきました。

f:id:nagee4678:20190319203119j:plain

ほどなく、美濃太田行きが誘導で入線。

どうやら車両交換する模様。

お客さんの動きもあまり無く、静寂そのもの。

 

今度は車庫に居なかったので、どこかを走行中なのは確か。

 

やって来ました。

f:id:nagee4678:20190319203239j:plain

ネコロジー

ボクジジー

なんと撮影泣かせの車両なんでしょう!

半分だけの塗装なので、

全車塗装のイメージを出すには、相当苦労しそうです。

昔臭い上下半分の色分け、緑色も僕は好きです。

f:id:nagee4678:20190319212924j:plain

この車両が発車した後、

駅付近に「ヤマト」のトラックが来て

荷物を下ろしていました。

ますますの発展と、1両丸ごとの塗装を祈ります。

 

普通の写真でした。

 

今日はこの辺りで失礼します。