笹島貨物駅での車両展示 愛知の鉄道100年フェア

本日も、「愛知の鉄道100年フェア」の

様子をご紹介します。

 

名古屋駅から笹島貨物駅へ徒歩で移動。

結構距離があります。

現在は、あおなみ線の「ささしまライブ」駅が出来ています。

 

各地から様々な車両が、集められました。

あいにくの雨模様で、

非常に写真が撮りづらい状況でした。

 

全部を撮る余裕が無かったので

一部の車両の写真でご勘弁下さい。

 

まずは、僕が大好きなデッキ付き機関車

f:id:nagee4678:20190324123132j:plain

f:id:nagee4678:20190324124148j:plain

御存知、セノハチで活躍した「EF59形」

ゼブラ模様がとても素晴らしいです。

現役時代に行きたかったです。

個人的にはSLよりも、

古典的な電気機関車を復活させてほしいです。

f:id:nagee4678:20190324123109j:plain

米原機関区撮影会でも居た「EF81 1号機」

f:id:nagee4678:20190324124546j:plain

阪和線で活躍した「EF15形」

渋いです。

f:id:nagee4678:20190324124513j:plain

f:id:nagee4678:20190324124528j:plain

「EF6466」ユーロ専用機が初めて公開されました。

「EF66 1号機」も今は亡き機関車。

これだけの車両を回送したなんてすごい事です。

f:id:nagee4678:20190324125030j:plain

体験運転イベントの「DD51形」

 

他にもたくさんの車両が展示されていました。

ご覧のように、撮影のための規制もされることはなく、

小さい子は乗ったり触ったり。

怒声や罵声を浴びせるマニアも居なくて

のんびりムードの会場でした。

 

イベント後、笹島貨物駅は49年の歴史に

幕を閉じました。

名称は、現在も笹島信号場として

その名を残しています。

 

熱気が伝わらない写真でしたが

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

今日はこの辺りで失礼します。