美しき急行列車 

今年の桜は、寒い日があったりして

結構遅咲きですね。

昔は、4月の入学式の頃に満開になるのが

当たり前でしたので、

今年の咲き方は、ちょっと昔に戻ったかなと

思います。

気候変動は恐ろしいですね。

 

桜の英語読みは「Cherry Blossoms」

ということで、

国鉄東海道本線を走った

美しい名前の列車をご紹介します。

f:id:nagee4678:20190329135625j:plain

「急行 エメラルド」名古屋発 東舞鶴行き。

夏休みになると、若狭方面への海水浴客を

輸送するために、運転されました。

浮き輪を持った家族連れや、カップルとか

結構たくさん乗ってました。

かなりのっそりしたダイヤで

名古屋を出たとたん、尾張一宮で待避。

 

海水浴場は、名前の通り

エメラルド色の美しい海なんでしょうね。

f:id:nagee4678:20190329143128j:plain

数少ない、ヘッドマーク付きの急行でした。

この日は雨でしたので、お客さんも少なめ。

直角座席で舞鶴は、非常に遠い気がしますが。

 

f:id:nagee4678:20190329143410j:plain

エンジンを轟かせて、

果てしない旅路につきました。

美しい名前の列車、少なくなりましたね。

 

ついでに、尾張一宮駅の地上時代の写真でした。

当時は日本一長い直線区間の記録を持ってた気がします。

 

1986年7月20日

 

今日はこの辺りで失礼します。