岐阜地区を通り抜けた、団体列車いろいろ。

新しい元号が決まりましたね。

僕はてっきり

「安倍」か

「安晋」に

なると思ってました。

「令和」の思い通りの未来になるといいですね。

難しそうですけど。

 

ということで、

今日は岐阜地区を通り抜けた

「昭和」のジョイフルトレイン群を

ご紹介します。

団体列車が縦横無尽に

走りまくった時代です。

 

まずは、関係ありませんが、

ウォーミングアップで、485系。

f:id:nagee4678:20190401200113j:plain

 

続いてこちら。

f:id:nagee4678:20190401200232j:plain

はるばる「尾久客車区」からやってきた

お座敷客車。「北オク座」と呼ばれていたような。

後ろを撮ろうとしたら、

フィルムの巻き上げを失敗し、

このざま。

f:id:nagee4678:20190401200454j:plain

完全に巻き上げないで、慌てて

途中で止めてしまったので、

シャッターが押せない事態に・・・。

どれだけモータードライブが欲しくなったか・・・。

 

続いてこちら。

f:id:nagee4678:20190401200626j:plain

大阪へ帰る途中の

お座敷客車「みやび」

f:id:nagee4678:20190401200724j:plain

御存知の通り、この車両は

餘部橋梁から強風で転落し、

乗務員さんと、下敷きになった缶詰工場の

従業員さん数名がお亡くなりになる

大惨事になり、全車両廃車になるという

運命をたどりました。

 

続いてこちら。

f:id:nagee4678:20190401201144j:plain

岡山へ帰る途中の

「ゆうゆうサロン岡山」

ユーロライナーに続く、専用の機関車を

用意した欧風客車でした。

塗装も初代はこの塗装で

なかなかEF65にも似合ってます。

f:id:nagee4678:20190401201404j:plain

ちょっと、のっぺりとしたスタイル。

臨時列車に使うのか、

愛称幕には「みまさか」の文字が。

カーテン全閉。

去りゆく景色を見なくてもいいのかな。

プライバシー時代の始まりを予感させます。

 

岐阜地区を走ったジョイフルトレインでした。

 

オマケ。

f:id:nagee4678:20190401201643j:plain

ちょっと遠いですが、

高山本線の「急行奥飛騨」にも、

文字だけですが、名称が

幕に表示されるようになりました。

 

1986年7月(日付不明)

東海道本線 木曽川~岐阜間

高山本線  岐阜~長森間

 

今日はこの辺りで失礼します。