名古屋鉄道の個性的な車両達

ブログを初めて、6月で1年に

なろうとしています。

なかなか楽しい記事を書けず

申し訳なく思っていますが、

続けることに意味があると確信して

今日も更新します。

 

本日は、昔の写真から

名鉄車両をかきあつめました。

f:id:nagee4678:20190404205727j:plain

この時点で1編成のみの「なまず」こと「850系」

珍しく、羽島急行に入りました。

茶所駅にて。

 

f:id:nagee4678:20190404210259j:plain

名鉄の主力「7000系」

白帯でない、ちょっと損な特急運用。

内海方面は、名鉄の一大観光地。

週末は内海や河和へ向けての特急が

多数運転されたので、白帯意外のパノラマカー

動員されました。

加納~茶所間にて

f:id:nagee4678:20190404210559j:plain

「3850系」

国鉄「113系」よりは柔らかい直角座席でした。

f:id:nagee4678:20190404210704j:plain

「7500系」オリジナルのスタイル車。

走行音は本当に静かでした。

f:id:nagee4678:20190404210813j:plain

「7000系」パノラマカーの方向幕自動化車。

7045編成に長らく試験的に導入。

本格的に他編成にも導入され始めた頃。

ちょっと、取付場所が上の方です。

f:id:nagee4678:20190404211026j:plain

「3900系」

この車両も、直角座席。

4両固定編成で、昔の特急車でした。

ずっしりと安定した走りでした。

 

名鉄には多彩な形式が入り乱れていました。

撮っていて飽きない鉄道でした。

以上の車両は、全て過去帳入りしています。

 

今日はこの辺りで失礼します。