名鉄2DAYフリーきっぷ2日目 岐阜市内線・揖斐線走破

先日書いた「PTA株式会社」

ちょっと真剣に考えました。

派遣型みたいに、代理としてPTA出席。

人材は、1億総活躍社会でシルバーさんを起用。

PTAイベント内容によって料金は変動。

簡単に羅列しましたが、結構需要がありそうですが。

起業出来ないかなぁ・・・・。

 

ということで、本日は

名鉄2DAYフリーきっぷ」の2日目を

ご紹介します。

と言いつつ、岐阜地区の揖斐線の写真しか

撮っていなかったようで、

ちょっとつまらないかもしれません。

f:id:nagee4678:20190421090325j:plain

まずは「岐阜市内線 岐阜駅前」から。

多くのチンチン電車は「新岐阜駅前」で

折り返しますが、

黒野方面の急行だけは、ほとんど国鉄「岐阜駅前」まで

ちゃんと走ってきました。

ちゃんとした安全地帯があるのは、ここだけ。

あとは道路に白線が引かれただけの、危険な停留所でした。

「モ510形」は「大正15年」生まれ。

おでこが広かったので

フランケンシュタイン」とか言われていました。

f:id:nagee4678:20190421090755j:plain

新聞輸送も重要な使命でした。

楕円形の戸袋窓に転換クロスシート

路面電車でこれだけの設備は破格でした。

f:id:nagee4678:20190421090927j:plain

市内線内も急行運転。

徹明町・千手堂・西野町しか停まりませんでした。

写真は「金宝町」付近。信号停車中に撮影。

f:id:nagee4678:20190421091107j:plain

「千手堂」付近を行き交う「急行列車」

相棒の「モ520形」は「大正12年」生まれ。

520形は窓が下降式で、

席に座ると、窓の位置が高く、

背が低い人は、外が見えませんでした。

市内線の急行運転は、信号に停められたりして

気休め程度。

f:id:nagee4678:20190421091453j:plain

忠節駅」を発車すると、本領発揮。

鉄道線になって、75Km/hでかっ飛ばします。

沿線は「富有柿」の産地。柿の木で線路が囲まれます。

急行運転は「美濃北方駅」まで。

黒野までは、減便されていたので、

各駅停車に変わりました。

f:id:nagee4678:20190421091750j:plain

黒野駅」に着きました。

ごつい電車が並ぶホームは壮観!

市内線直通急行は、日中だけの運転。

朝夕ラッシュ時は、忠節で全て乗り換えでした。

f:id:nagee4678:20190421092038j:plain

急行新岐阜行きが、猛ダッシュで走り去りました。

f:id:nagee4678:20190421092213j:plain

黒野検車区」に集う、元瀬戸線の車両達。

楕円形の台車枠が優美です。

僕は、揖斐線が大好きで、何度と無く通うことになります。

f:id:nagee4678:20190421092523j:plain

谷汲線 谷汲駅」へ足をのばしました。

末端線区は、運行形態が揖斐線本体から切り離され、

ワンマン改造された「750形」が単行運転していました。

 

フリーきっぷの写真はここまで。

 

今後、揖斐線や市内線の写真がたくさん出てきますが

よろしければ引き続きご覧下さい。

 

今日はこの辺りで失礼します。