今度は徒歩で、谷汲線9割踏破!魅力的な旧型電車群。

明日から仕事が始まるナゲーです。

あまり休みすぎると

会社に行きたくなくなるので、

休みは短い方が良いです。

 

ということで、自転車強行軍で

谷汲線 更地駅で樽見鉄道に向かったので、

残りの谷汲~北野畑が気になったので、

徒歩で踏破することにしました。

また同じような写真になってしまいますが、

流してご覧下さい。

 

まずは、市内線 岐阜駅前から

谷汲駅へ向かって出発です。

f:id:nagee4678:20190428140425j:plain

結構利用する人がいます。

岐阜駅前は安全に乗り降り出来ます。

ステップが出ています。

バリアフリーとは縁遠い時代。

f:id:nagee4678:20190428140702j:plain

僕の背が低いので、迷わず「モ510形」に乗車。

520形だと、窓の位置が高すぎて

景色が見えないので。

日曜日に乗りましたので、谷汲直通です。

 

谷汲までおよそ1時間半くらい。

谷汲駅に着いて、線路沿いに歩きました。

f:id:nagee4678:20190428141121j:plain

名古屋鉄道 谷汲線 結城~長瀬

山間部を大正生まれのボロい電車が

ゴトゴト走っていきます。

f:id:nagee4678:20190428141558j:plain

赤石~長瀬 「モ750形」

休日なので、日中は30分間隔で走りました。

周囲は山に囲まれた田園地帯。

f:id:nagee4678:20190428141829j:plain

北野畑駅に到着。

線内で唯一行き違いが出来る駅。

普段は無人駅で、行き違いは行われませんでした。

谷汲駅から結構歩きました。

f:id:nagee4678:20190428142122j:plain

意外と疲れずに歩けました。

駅舎もかなり古そうです。

もっと昔は、駅員さんが常駐していたんでしょうね。

f:id:nagee4678:20190428142330j:plain

枕木がむき出しに見える、貧弱な線路。

木立の影から、ヌッと電車が現れました。

 

ここで徒歩は終わって、黒野駅へ向かいます。

「北野畑~更地」間は、飛ばしてしまいました・・・。

 

黒野駅へ着くと、電車がひしめきあっていました。

f:id:nagee4678:20190428142605j:plain

2両固定編成の「モ700形」が

2編成。入れ換え中でした。

「モ700形」は、窓枠が木製のままでした。

 

f:id:nagee4678:20190428142838j:plain

こちらは「モ750形」

改造で、窓枠はアルミサッシ化。

ちょっと近代的に見えました。

黒野駅は、とても活気がありました。

まだまだ地域の足になっていた頃です。

 

忠節駅へ移動しました。

f:id:nagee4678:20190428143057j:plain

急行黒野行きが、

市内線直通ホームから発車していきます。

立っているお客さんもたくさん見えますね。

市内線から来て忠節で降りるお客さんは、

右手後方の市内線専用降車ホームで

一旦降ろした後、写真の鉄道線直通ホームまで小移動。

忠節からのお客さんを乗せて、発車していきました。

面倒くさい事をやってたんですね。

 

f:id:nagee4678:20190428143615j:plain

こちらは「ク2320形」

大型車で、写真は唯一の高運転台車。

連結面は、固定の連結器になっていなかったので、

発車するときの前後動の衝撃は

「ガッチョン ガッチョン」と

首がむち打ちになるんじゃやないかと思うぐらいでした。

停車中のホームは行き止まりの

鉄道線専用ホームでした。

 

市内線・揖斐・谷汲線は、個性的な車両が

たくさん居て、1日乗っても飽きない路線でした。

無くなってしまったことが、今でも悲しいです。

 

撮影日 1986年9月23日

 

本日のまるちゃん。

f:id:nagee4678:20190428144458j:plain

見るモノ全てが珍しいまるちゃんです。

つぶらな瞳に吸い込まれそう・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。