昭和の岐阜・名古屋地区を走ったいろんな列車

新しい元号の時代が始まりましたが、

僕は、通常通りの生活を営業中。

時代は変わっても、

人間関係や、イヤなことは

変わりませんよね。

コツコツと内容が尽きるまで、

写真をご紹介するのが、

一つの楽しみにさせてもらってます。

 

というわけで、今日も引き続き

昭和61年(10月撮影)を駆け抜けた

岐阜周辺の列車をご紹介します。

f:id:nagee4678:20190502133535j:plain

熱田駅に放置された「マニ44形」

あちこちの駅で、荷物は取り扱われていました。

パレットごと載せるタイプの車両。

f:id:nagee4678:20190502133726j:plain

その熱田駅を高速通過する

「117系 快速(東海ライナー)」

架線の影が難点です。

f:id:nagee4678:20190502133847j:plain

「クモユニ147形郵便荷物電車」

何度かご紹介してるので、お馴染みですね。

普通電車に連結されていたので、

短時間の荷物扱いは、えらそうでした。

(「えらい」とは「疲れる・しんどい」の意味)

f:id:nagee4678:20190502134142j:plain

東海道本線 木曽川橋梁の岐阜寄り。

今では警察に通報されそうですが、

当時は出入り自由だった築堤。

つくし取りのおばちゃんとか、

構わず入ってました。

現在は、厳重に鉄製扉で立ち入り禁止になってます。

高山線「急行のりくら」です。

f:id:nagee4678:20190502134550j:plain

f:id:nagee4678:20190502134653j:plain

国鉄形の優等列車が、走りまくってました。

f:id:nagee4678:20190502134730j:plain

「113系」も全盛期でした。

f:id:nagee4678:20190502134900j:plain

最後は名鉄市内線の「花電車」

信長まつりだったかな?

祭の時期は、華やかな電飾の電車が

岐阜の街を堂々と走っていました。

岐阜のメイン通りが、一番華やかな時代でした。

 

そんな昔は知らない「まるちゃん」は

ごはんを探して、

ヨチヨチ歩いてました。

f:id:nagee4678:20190502135305j:plain

f:id:nagee4678:20190502135351j:plain

f:id:nagee4678:20190502135419j:plain

皿に入っているのは、水でした。

残念・・・。

f:id:nagee4678:20190502135506j:plain

居るだけで僕を幸せな気分にしてくれる

まるちゃんです。

 

今日はこの辺りで失礼します。