国鉄西名古屋港線 職員しか知らない世界へ!おもしろ列車かたつむり号

昨日は、僕の日(こどもの日)だったんですね。

忘れてました。

カラダは大人、頭脳は子供!

その名は・・・ナゲーです。

(ごめんなさい。完全パクリました)

 

ということで、本日も

「おもしろ列車かたつむり号」を

ご紹介します。

列車はいよいよ、旅客列車初入線の

西名古屋港線」に突入しました。

f:id:nagee4678:20190506091047j:plain

近代的な高架線路を走ります。

現在は「あおなみ線」が走っています。

架線柱は建っていますが、非電化。

不思議な光景です。

f:id:nagee4678:20190506091252j:plain

「名古屋貨物ターミナル」に到着です。

車掌車が付いたコンテナ列車が、たくさん停まっています。

この時点で、旅客線化構想はあったのでしょうか?

線路はすべてコンクリート枕木。

だけど、非電化。ギャップが激しいです。

f:id:nagee4678:20190506091557j:plain

トラックをそのまま載せるように

試験的に作られた貨車が停まっていました。

列車はここで小停止。

ここまでは、あおなみ線に乗ると

今でも体感できる景色。

 

 

この先は、前人未踏の領域になります。

列車が動き出すと、ここからが

「かたつむり号」の本領発揮。

ノソノソと進んでいきます。

名古屋貨物ターミナルを抜けきるのに

相当時間がかかります。

f:id:nagee4678:20190506092758j:plain

名古屋臨海鉄道」(あおなみ線は名古屋臨海「高速」鉄道。まぎらわしいです)の

入れ換え機「ND55」が停まっています。

今でも名古屋貨物ターミナルの入れ換えは、

名古屋臨海鉄道のNDが、忙しく走り回っています。

f:id:nagee4678:20190506093026j:plain

時速はおよそ、15~25キロぐらい。

ようやく、抜けそうです。

この先は、地平区間

現在は全線高架に生まれ変わりました。

f:id:nagee4678:20190506093232j:plain

途中までは、マンションが建ち並ぶ

住宅地を走ります。

初めての旅客列車に、沿線の人達が

珍しい眼差しで見学していました。

貨物線なのが不思議なくらい、住宅地でした。

 

住宅地を抜けると、港湾地帯に入ります。

線路はとても貧弱で、スピードを出せる代物ではありません。

f:id:nagee4678:20190506093615j:plain

こんなとこ、列車が走るのか?

というような場所を、ノソノソ進みます。

f:id:nagee4678:20190506094051j:plain

意味は無いですが、工場地帯らしい

巨大な鉄塔をパチリ。

踏切もちゃんとありました。

草むらが広がります。

荒涼とした景色が続きます。

 

すると、列車は突然停車。

何事かと思ったら、案内放送で

「今から道路優先の踏切を渡ります」

というようなニュアンスの話があり、

f:id:nagee4678:20190506094335j:plain

車掌さんが、写真に写っている

ランプの点いたボックスを開けて、

ボタンを押しました。

しばらくして、歩くスピードで

f:id:nagee4678:20190506094515j:plain

ゆっくりと道路を通過。

道路側の信号を、赤に切り替えたようでした。

ものすごく交通量の多い港湾の道路を、

申し訳ないように、ゾロゾロ通過しました。

危険がないように警察官も配置。

道路を横断後、再び列車は停まって、

反対側にある同じようなボタンを

車掌さんが押して、再び走り始めました。

 

ものすごい、イベント列車です。

 

道路優先の踏切、初めて体験しました。

f:id:nagee4678:20190506094940j:plain

草ボウボウ。荒れ地が広がります。

f:id:nagee4678:20190506095151j:plain

いよいよ、終点の「西名古屋港駅」に進入します。

現在の「あおなみ線潮凪車庫」付近らしいです。

どんな世界が広がっているのか・・・・。

 

本日は、ここまで。

 

f:id:nagee4678:20190506095415j:plain

あんまり、記事を引き延ばすと、

寝てまうじゃないですか~。

すみません・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。