残念な廃止駅 「新垂井駅」 国鉄東海道下り本線

鼻づまり解消の点鼻薬が無くなったので、

薬局へ買いに行くと、

税抜き「880円」

残念な値段におののき、万年花粉症を廃止したいナゲーです。

 

ということで、本日は

1986年11月1日限りで廃止された

国鉄東海道本線「新垂井駅」のご紹介です。

You Tube等で、動画等がたくさん公開されてますので、

今更感がありますが、僕の写真の公開ということで

お付き合い下さい。

f:id:nagee4678:20190510162710j:plain

廃止されると聞いたので、

1986年10月19日に訪問しました。

立派な駅舎でした。

駅前には病院、民家はかなり建っていました。

 

御存知の通り、こちらが正式な東海道下り本線。

だけど、走るのは優等列車と貨物列車。

急勾配を緩和する目的の迂回路的存在。

なぜ今もこちら経由で特急列車まで走るのかというと、

垂井駅を通る東海道下り線ぽい線路は通称「垂井線」

単線で双方向に運転できます。

大垣方面から垂井経由で関ヶ原駅へ行くと、

まずは「南荒尾信号場」では、垂井線への分岐速度制限があります。

そして関ヶ原駅の構内は本線ではなく、一般的に言う「側線」に進入するため、

関ヶ原駅を高速で通過することが出来ません。

一方、新垂井経由の本線は、勾配も緩く高速で走行でき、

関ヶ原構内(ホームが無い)の本線を通過できるため

ポイントの速度制限がありませんので、高速で通過できます。

少々長くなりましたが、上記の理由で現在も

高速列車は新垂井経由で運転されています。

 

では本題に戻ります。

当時の新垂井経由の列車本数は

ちょっと覚えてないですが、

2~3時間に1本しか無かったような記憶があります。

垂井駅までは遠いため、

名古屋方面に行く新垂井駅付近の利用客は、

一旦関ヶ原駅まで出て、

上り列車に乗るという、超めんどくさい方法でした。

当然、利用客はがた減り。

駅廃止の運命をたどりました。

 

f:id:nagee4678:20190510165801j:plain

昔は、駅員さんも居たと思われる、

便所の建物や、綺麗な庭、長~いホーム。

桜の木がたくさんありましたが、

つい数年前に、JR東海が全て切り倒しました。

仕方ないけど、残念です。

f:id:nagee4678:20190510170103j:plain

あと数日で外される運命の駅名標

f:id:nagee4678:20190510170153j:plain

静寂そのもの。

時折、踏切が「プンプン」と鳴ると、

f:id:nagee4678:20190510170318j:plain

特急しらさぎが、高速で通過していきます。

 

普通電車の時間が来ました。

f:id:nagee4678:20190510170411j:plain

「新垂井経由 米原行き」

日中は、もっぱら「165系」が使用されました。

数少ないお客さんを乗せます。

では、これに乗って

関ヶ原付近までの前方写真を。

f:id:nagee4678:20190510170555j:plain

 

f:id:nagee4678:20190510170616j:plain

 

f:id:nagee4678:20190510170633j:plain

 

f:id:nagee4678:20190510170655j:plain

 

f:id:nagee4678:20190510170713j:plain

山の中を走るため、今でも鹿とか大型動物が

はねられたりしています。

f:id:nagee4678:20190510170735j:plain

東海道上り本線をオーバークロス。

関ヶ原駅のホームの有る線路に進入していきます。

 

現在では、イベント列車でも無い限り

見ることは出来ない、新垂井経由のかぶりつき写真でした。

You Tube の動画にはかないませんが、

雰囲気だけ味わって頂けたら幸いです。

 

以上、残念な駅「新垂井駅」でした。

 

f:id:nagee4678:20190510171237j:plain

残念な格好の、まるちゃんです。

 

今日はこの辺りで失礼します。