さようなら国鉄越美南線 

過去に引きずられ、

先に希望を見出せないナゲーです。

 

ということで、本日も過去記事で

国鉄越美南線の写真をご紹介します。

 

折り返し、美濃太田行きの普通列車

乗り込み、北濃駅を後にしました。

f:id:nagee4678:20190521182200j:plain

 

山間の細道を辿っていきます。

f:id:nagee4678:20190521182258j:plain

「刈安駅」(現在の「美並刈安駅」)に着きました。

ホーム側から見ても、

昭和初期の面影を残す建物が美しいです。

f:id:nagee4678:20190521182554j:plain

「美濃下川駅」(現在の「大矢駅」)に着きました。

数少ない、反対列車との行き違いで

数分停車します。

その間に、パシャパシャっと。

f:id:nagee4678:20190521182808j:plain

この駅も、木造駅舎で懐かしい感じです。

キハ58形が、一服します。

f:id:nagee4678:20190521182945j:plain

北濃行きが到着しました。

夕方なので、もうお客さんは少なかったです。

f:id:nagee4678:20190521183057j:plain

ちょっと、疲れきったような顔にも見える

キハ58形です。

非自動区間ですので、行き違いが出来る駅には

必ず駅員さんが居ます。

タブレットの交換をして、腕木式信号機のテコを

「進行」に操作します。

かなり重い鉄の信号テコを体全体で押したり引いたりする

重労働です。

f:id:nagee4678:20190521183208j:plain

後に到着した北濃行きが、

先に発車していきます。

北濃までは、まだ半分の道のり。ご苦労様です。

f:id:nagee4678:20190521183538j:plain

美濃市駅」に到着しました。

僕の、国鉄越美南線の旅はここまで。

f:id:nagee4678:20190521184130j:plain

美濃太田行きを見送りました。

車両は変わりましたが、現在も

長良川鉄道 越美南線は、

国鉄時代を色濃く残しています。

良かったら是非ご乗車下さい。

 

僕はここから、名古屋鉄道美濃町線に乗って

帰ります。

f:id:nagee4678:20190521184349j:plain

こちらは閑散として、

希望を見出せない

暗い将来が待ち受ける運命でした。

 

f:id:nagee4678:20190521184602j:plain

やっと終わったかぁ~。

 

今日はこの辺りで失礼します。