貝のような稲沢駅

会社の上司のイヤミとか、

自宅の部屋に花を飾ったとか、

嫁さんの髪型が変わったとか、

日常の些細な変化に、全く気付かないナゲーです。

 

ということで、本日は

稲沢駅へ、ピッカピカの

 「EF641026号機」を

撮影に行ったときの写真をご紹介します。

f:id:nagee4678:20190523180216j:plain

まずは、稲沢線と東海道下り本線の合流地点へ。

東海道下り本線をオーバークロスする築堤を

降りてくる、5087列車を撮影。

東海地区を日中に走る唯一の「EF65PF形」

かなり逆光ですが、苦し紛れの撮影。

f:id:nagee4678:20190523180749j:plain

長野から8088列車が稲沢に到着。

目的のピッカピカ「EF641026」が、

愛知機関区へ帰還のため、入れ換えを開始。

稲沢駅東側の遊歩道沿いから撮影できます。

ペンキ塗り立ての機関車は美しく輝きます。

 

稲沢駅は、電車に乗ってると単に通過するだけ。

電車の撮影に夢中だと、周囲の景色は目に入らず。

 

f:id:nagee4678:20190523181642j:plain

後ろの機関車は、対照的にボロボロ。

塗装が僕の髪の毛みたいに、はげてます・・・。

 

入区する機関車を見送ると、

ん????

こんな建物あったかな?

f:id:nagee4678:20190523181731j:plain

撮り方が非常に悪いですが、

ホーム上には巨大な「貝」のような

「白いアンモナイト」みたいな、

こんな駅舎だったっけ?

新しい駅舎になって、何年経ってんだろ?

全く気付かなかった・・・・。

 

変化に疎いナゲーでした。

今度はもうちょっと違う角度から

撮ってみようと思います。

f:id:nagee4678:20190523182056j:plain

ついでに、廃車される機関車たち。

寂しい光景も見られる稲沢駅でした。

2018年10月22日。

 

f:id:nagee4678:20190523182300j:plain

ちゃんと見なさいよ!

 

今日はこの辺りで失礼します。