姿を消した車両、列車(名鉄・貨物列車1986)

明日から2日間、仕事は休みですが、

すでに3日後を考えてしまう、

超前向き思考のナゲーです。

 

ということで、

最近は車両の写真が中心になってしまいますが、

ご容赦下さい。

本日も、1986年に撮影した、

過去帳入りした車両達を

ご紹介します。

 

f:id:nagee4678:20190530163858j:plain

名古屋鉄道3550系 3554編成」

窓枠が、アルミサッシ化されていない

美しい車両でした。

茶所検車区で休憩中。

f:id:nagee4678:20190530164104j:plain

こちらは、同じく「3556編成」

運転室の窓だけ、アルミサッシ化されています。

旧型車が、ゴロゴロしていた時代です。

茶所駅ホームより撮影。

f:id:nagee4678:20190530164239j:plain

羽島線急行運用に入る「3600系トップナンバー3601編成」

高運転台化改造された、名鉄の標準的な顔立ち。

羽島線内も急行のまま走り、

吊り掛けモーターをウンウン唸らせて

すっ飛ばしてました。

新岐阜駅を発車して、茶所駅までは

カーブが多くて速度制限がありますが、

ここからは、解き放たれた暴れ馬のように

一気に加速します。

f:id:nagee4678:20190530164652j:plain

「5200系」

のちに一部が、豊橋鉄道へ譲渡されました。

非冷房車で、台車はコイルばね。

よく縦揺れ横揺れしました。

 

続いて、国鉄末期に登場した

高速コンテナ列車。

f:id:nagee4678:20190530164915j:plain

大きめのコンテナばかりを積載した

スーパーライナー

しかも、試作機の「EF66901号機」

まだまだ、EF66形がコンテナ列車の

主導権を握って、バリバリ走っていました。

 

もういっちょ、「スーパーライナー

f:id:nagee4678:20190530165143j:plain

以前ご紹介した、

「シグマ テレコンバータ2X」

で、無理矢理420mmにして撮影した写真。

晴れてたので、何とか撮れました。

貨物列車にヘッドマークが付く事自体、

驚異的な事でした。

日陰的存在な貨物列車の、

最高な晴れ姿でした。

 

f:id:nagee4678:20190530165541j:plain

僕的に最高なカメラバッグを、

爪研ぎにしてグチャグチャにした、まるちゃんでした。

 

今日はこの辺りで失礼します。