悲報 美濃太田駅 「松茸の釜飯」 60年の歴史に幕 本当にありがとう!

無くさなければいけない事(人・物・僕)が、無くならず

無くならなくても良いことが、無くなってしまう

世の中の理不尽に、悲しくなるナゲーです。

 

ということで、表題の通り

昨日になって初めて知って

すごく衝撃を受けました。

小学生の頃から何回食べたのかも

分からないほど食べた

JR美濃太田駅名物「松茸の釜飯」が

販売を終了すると聞き、

目の前が真っ暗になりました。

個人的には、あの「峠の釜飯」よりも美味しく、

日本の2大駅弁釜飯(と、僕が勝手に思っている)の

頂点に(僕の中で)君臨する「松茸の釜飯」が

無くなってしまう事実を、どうしても受け入れることが出来ず、

販売最終日の今日、2019年5月31日、

断腸の思いで、美濃太田駅へ行きました。

f:id:nagee4678:20190531144326j:plain

自宅からクルマで約50分。

完全に気持ちが焦って、駐車場を必死で探し

駆け足でホームへ。

f:id:nagee4678:20190531144512j:plain

すでに人だかりが・・・・・。

マスコミも数人。

釜飯は残っているのか・・・・・!

f:id:nagee4678:20190531144627j:plain

ありましたぁぁぁぁ!けど・・・・。

窓には、無情の張り紙が・・・・。

悲しいです。悲しすぎます。

f:id:nagee4678:20190531144807j:plain

早速買い求め、お店の大将と、しばしお話し。

日曜日も無く、毎日売り続けて、

だいぶ疲れたと、おっしゃっていました。

ほんとに今の車両は窓が開かないし、

停車時間は短いし、買いにも降りてこられない。

売れなくなる環境が整いすぎました。

大将に、写真を撮ることをお断りして

撮らせていただきました。

f:id:nagee4678:20190531145147j:plain

よく、しまい忘れて駅員さんがしまったこともあるそうです。

しゃもじ形の看板。

f:id:nagee4678:20190531145416j:plain

釜飯の入れ物に似せた建物。

f:id:nagee4678:20190531145518j:plain

お客さんを待つ、松茸の釜飯たち。

f:id:nagee4678:20190531145712j:plain

報道されたのは5月9日らしく、

僕がいかに、いい加減に新聞読んでるかが分かりました。

f:id:nagee4678:20190531145833j:plain

「特急ワイドビューひだ 高山行き」が到着しました。

「松茸の釜飯」は、キハ82系や、名鉄北アルプス号、

急行「のりくら」や「たかやま」など

たくさんの列車を見送ってきたんですね。

f:id:nagee4678:20190531150132j:plain

停車時間は、わずか2分。

スピードアップの影で、こうゆう旅情が

犠牲になってしまいました。

庶民の楽しい列車の旅が、どんどん消えていきます。

f:id:nagee4678:20190531150415j:plain

数名のお客さんが、わざわざ列車を捨てて

釜飯を買いに降りてきました。

大将によると、遠くは東京から

釜飯だけを目的に来た方もいたとか。

先週ぐらいから、メチャクチャ忙しいと言っておられました。

f:id:nagee4678:20190531150654j:plain

買った釜飯で、ちょっと演出。

f:id:nagee4678:20190531150754j:plain

てんてこまいでした。

毎日こうだったら、後を継ぐ方も

出てきたのかなと、本当に残念です。

f:id:nagee4678:20190531150912j:plain

小さい頃から、本当にお世話になった「松茸の釜飯」

一生忘れません。忘れられません。

最後に、大将にお礼を言って

握手をしてもらいました。

長い間、本当にお疲れ様でした。

年をとったせいか、泣けてくるナゲーでした。

f:id:nagee4678:20190531151213j:plain

1991年7月2日の、美濃太田駅の様子です。

大将でしょうか?

列車が到着して、一段落する様子です。

休むこと無く、みんなの胃袋を満たして下さった

「向龍館」の皆様と、「松茸の釜飯」に

最大限の敬意を表します。

本当にありがとうございました。

寂しくなります。

 

最後に釜飯の内部を公開します。

f:id:nagee4678:20190531152004j:plain

1000円出しても惜しくない、本当に美味しい弁当です。

f:id:nagee4678:20190531152108j:plain

特大の松茸、美濃のかしわ。

フキやゼンマイなどの山菜ずくし。

味の染みたごはん。

本物の陶器の入れ物。

贅沢の極みです。

f:id:nagee4678:20190531152334j:plain

本当に最後の「松茸の釜飯」

今日の夜は

少しずつ噛みしめて、思い出に浸ろうと思います。

さようなら。