二股なのに線路は1本 国鉄二俣線

最近、不倫等のスキャンダルが

世間を騒がせてますね。

僕にも好きなアーティストがいますが、

近頃、ボーカロイドにもはまって、

二股をかけているナゲーです。

(特に、波音リツちゃん、良い声してます!)

 

ということで、本日は

国鉄から第三セクターに転換される路線を

乗るというのがマイブームになっていた頃。

今回は、「国鉄二俣線」に乗ったときの写真を

ご紹介します。

時は、1986年12月27日。

年末のクソ忙しいときに行って参りました。

スタートはこちらから。

f:id:nagee4678:20190603165249j:plain

国鉄東海道本線 新所原駅

国鉄二俣線(ネーミングが違う想像をしてしまいますね)

の始発駅です。

駅員さんが「竹の葉」で大掃除をされていました。

(どこかのお寺みたいです)

この頃には、二俣線豊橋直通は廃止されていて、

全列車が、ここ新所原始発になっていました。

f:id:nagee4678:20190603172446j:plain

東海道本線のホーム。

全てが国鉄っぽいです。

f:id:nagee4678:20190603171537j:plain

二俣線用ホーム。

使用車両は、「キハ20系」オンリー。

取り残された路線感があります。

写真の右手後方に曲がる線路は、

東海道本線につながり、オーバークロスしています。

地上の分岐ではなく、珍しい構造でした。

f:id:nagee4678:20190603172632j:plain

「カラカラカラ」と、軽いエンジン音をたてながら

出発の時を待ちます。

まだまだ「行き先サボ」が活躍していました。

では、掛川行きに乗り込みます。

f:id:nagee4678:20190603173257j:plain

最初の長時間停車は「三ヶ日駅」

行き違い可能駅が合理化で減らされ、

あちこちで長時間停車がありました。

駅の外をウロウロする時間もありました。

f:id:nagee4678:20190603173511j:plain

「つづき」へいきましょう。(降りないですけど)

f:id:nagee4678:20190603173653j:plain

西鹿島駅」では、遠州鉄道と出会いました。

主力車両だった「30形」(形式合ってますか?)

バラバラの車両も置かれていました。

乗ってみたい衝動を抑えて、二俣線続行。

 

f:id:nagee4678:20190603180459j:plain

遠江二俣駅」に到着しました。

新しそうな駅舎です。

読めなかったです。「とおとうみ」って言うんですね。

ここでも、長時間停車。反対列車到着まで

のんびりした時間を過ごします。

ちょうど中間地点かな。先は長いです。

続きはまた次回で。

 

f:id:nagee4678:20190603180658j:plain

また引き延ばし作戦かよ。

ガン飛ばしちゃうよ!

 

今日はこの辺りで失礼します。