普段着の地元の列車

今日はみんな休みなので、

お昼ご飯に、「カレーハウスCoCo壱番屋」に

出かけました。

ヘルシーに「野菜カレー」を食べて、

美味しかったですが、

スーパーで売っている98円の

レトルトカレー

何ら違いが見出せないナゲーです。

 

ということで、本日は

1987年1~2月撮影の

日常のガチ鉄道写真をアップしていきます。

f:id:nagee4678:20190609131337j:plain

またまた「EF66901号機(試作機)」の

スーパーライナー

110Km/hで駆け抜けた高速コンテナ列車。

ヘッドマーク取付は短命に終わりました。

 

f:id:nagee4678:20190609131629j:plain

現在でも見る事が出来る「大物車シキ850C」

発電所の変圧器を輸送中です。

シは重量物の「シ」。

キは最大積載量で「ム・ラ・サ・キ」で区分されていて

最重量の25t以上の「キ」

複雑ですね。

ハゲハゲの車掌車「ヨ8000」が付いています。

※「ヨ」なので部内では「嫁さん」と言われたそうです

※ 国鉄時代の貨物列車には必ず連結されていましたので、 

どこまでも寄り添うという意味でしょうか

※コンテナ車の車掌車は「コキフ」と言われていました。

鉄道車両の形式を調べて見ると、面白いですよ。

この写真を撮影した場所は、現在立ち入り禁止になってます。

 

f:id:nagee4678:20190609133521j:plain

木曽川橋梁を飛び出す「113系」

通称「デカ目」の前照灯

クルマでいう「ロービーム」にすると

ほとんど前を照らさなくなる代物です。

もともと鉄道は「前照灯(ヘッドライト)」ではなく

「前部標識」という考え方で、

進行方向を明らかにするための明かりで

必ずしも照らして前方を見るという物ではありません。

だから、SLは運転室があんな後方でも良かった訳ですね。

f:id:nagee4678:20190609134040j:plain

ボンネット形の「特急しらさぎ

この場所も、現在は立ち入り禁止です。

 

f:id:nagee4678:20190609134157j:plain今度は、名古屋鉄道さんの「7700系特急用白帯車」

珍しい7700系清一編成の特急。

特急列車の行き先板は、緑色にしてありました。

国鉄117系に対抗して、

座席をちょっとだけ改造した車両。

f:id:nagee4678:20190609134420j:plain

後ろには、非改造の「7700系」

格差特急ですが、まだまだ白帯車への改造が

追いついていない時代でした。

いつの時代も、格差社会でした。

木曽川堤駅にて。

f:id:nagee4678:20190609134623j:plain

最後は「5700系」

新造車で、全面展望のコンセプトが

まだ生かされていた車両でした。

現在は風前の灯火です。

右側は「笠松競馬場

当時はギャンブラーがすごくたくさん居て、

写真のように、観光バスで駆けつけるほど盛況でした。

笠松駅にて。

 

地元を走った車両のご紹介でした。

f:id:nagee4678:20190609135040j:plain

寝てたのに~。

 

今日はこの辺りで失礼します。