中学最後の乗り回し 名鉄小牧線の名称列車

岐阜市加納地区には「まつり」が

多数行われていて、

今月(6月)末には、「加納天満宮」で「御祓祭」が

開かれます。

「御祓祭」は必ず雨が降るというジンクスがあります。

昔も今も、屋台が出てまして、

物色するのが好きなんですが、

昔と比べて、イカ焼きやトウモロコシが500円と高くなり

何も買わずに泣く泣く帰る事が多いナゲーです。

 

ということで、中学生最後の乗りまくりの

続きをご紹介していきます。

1987年3月17日。

フリーきっぷで名鉄線を乗り回しで

今回は「小牧線」へ進入しました。

沿線の「田県神社」では、ちょうど

「豊年まつり」が開催中で

まつりの屋台も物色してきました。

f:id:nagee4678:20190617170218j:plain

名鉄名物、名称列車。

と言っても文字だけですが、

多客のため、多数の臨時列車が運転されました。

名古屋から臨時直通急行が小牧線に乗り入れます。

(犬山からは各駅停車)

とにかくギューギュー詰め。

とりあえず乗って「田県神社前駅」へ。

f:id:nagee4678:20190617170800j:plain

駅の反対側へ行き、名称列車を撮影。

線内折り返し列車は、大きい板でした。

写真は6500系に似た「6000系6050編成」

f:id:nagee4678:20190617170945j:plain

後ろには正統な「6000系」

ドバッとお客さんが降りてきます。

自家用車の普及がまだまだの時代でした。

f:id:nagee4678:20190617171102j:plain

ちょっと「田県神社」も覗いてきました。

好物だった、アメリカンドッグを買った記憶があります。

どのような祭りかは、調べて頂ければ

すぐに分かると思いますが、

男女に関わる祭りとでも言えばよろしいでしょうか。

とにかく、一見の価値はあります。

f:id:nagee4678:20190617171344j:plain

駅へ帰ってきました。

駅前もイベントで大盛況。

f:id:nagee4678:20190617171429j:plain

ダイナミックな、素晴らしい書体の駅名標

「社」や「ん」の字なんかは、筆で書いた感じが

見事です。ペンキなのにすごい。

f:id:nagee4678:20190617171637j:plain

「5500系」の「豊年まつり号」

この日は全ての列車が、線内限界の4両編成。

単線なので、行き違いフル活用。

今では、この名称列車も無くなってしまいました。

犬山駅へ帰ります。

f:id:nagee4678:20190617172028j:plain

「7300系」と「3730系」が停まっていました。

両方とも旧型車ながら、左は「セミパノラマカー

と呼ばれ、ミュージックホーンも装備。

右側はロングシートの通勤タイプ。

まだまだ、旧型車の宝庫でした。

f:id:nagee4678:20190617172306j:plain

豊年まつり号は、夕方まで

満杯のお客さんを乗せて

ひっきりなしに運転されました。

 

写真はこれまで。

他の路線へ移動してこの日は終了です。

 

お金持ちだったら、屋台でたくさん

買えるんだけどなぁ。

f:id:nagee4678:20190617172736j:plain

「自分のしっぽ、舐めてたほうが良いんじゃにゃいの?」

僕のカバンでくつろぐ、まるちゃんです。

今日はこの辺りで失礼します。