中学生活最後の名鉄乗り回し 第3弾 消えた車両を連発で

ようやくスイカの季節が、やってまいりました。

イカの種を、箸でほじくって取ると、

イカの実が崩れてきて

食べるところが少なくなることに

気付かないナゲーです。

(ちなみに先代のネコは、スイカ大好きでした)

 

ということで、

イカのように真っ赤っかの名鉄電車

中学生活最後の乗り回しの続きを

ご紹介します。

1987年3月の数日間乗りまくった時の

記録です。

f:id:nagee4678:20190620181719j:plain

日付不明。

新名古屋駅」にて、「8800系パノラマDX」

2両編成で走っていた頃。

f:id:nagee4678:20190620182010j:plain

続いて「キハ8000系 特急北アルプス

トンネルの中なので、

発車する時は、排気ガスが充満しました。

モウレツに排気ガス吹き出し

去っていった後は、モヤモヤで臭かったです。

高山までは結構利用客がありました。

貫禄十分の車両でした。

f:id:nagee4678:20190620182351j:plain

1987年3月23日。新岐阜駅

おそらく、始発電車。

夕方には帰らないといけないので

早朝から乗り回し。

「3400系(いもむし)」

まだ、3・4番ホームは4両編成しか

入線出来ない時代でした。

f:id:nagee4678:20190620182624j:plain

こちらは「太田川駅

さきほどの「いもむし」に乗って来ました。

ここで乗換です。

「3730系」準急運用。

準急の種別板は、過去に数回

カラーリングが変更されました。

これは最終タイプ。

いつか、昔の写真でご紹介します。

f:id:nagee4678:20190620182921j:plain

準急に乗って、常滑駅へ。

今では、空港線の起点になって、

こんなボロボロの駅舎は想像出来ませんね。

f:id:nagee4678:20190620183112j:plain

駅ビルが完成間近で、ホームも新品。

古い駅舎は、取り壊されました。

常滑は陶器の町なので、

INAXのでかい工場が目立ちました。

f:id:nagee4678:20190620183240j:plain

お馴染み「7000系パノラマカー

弥富へ行く運用があって、迷わず乗車。

f:id:nagee4678:20190620183347j:plain

展望席かぶりつきで、「弥富駅」へやってきました。

国鉄との共同使用駅で、

名鉄の駅員さんは、居ませんでした。

関西本線の「弥富駅」です。

f:id:nagee4678:20190620183518j:plain

国鉄の文字で、名鉄の駅名も書かれていました。

JRになってからは、どうなったのでしょうか?

f:id:nagee4678:20190620183655j:plain

折り返しで、また知多半島へ向かう7000系。

津島まで、また展望席かぶりつき。

f:id:nagee4678:20190620183816j:plain

津島でパノラマカーを捨てて、

尾西線で「新一宮駅」へ。

またまた「3730系」

ローカル線は、3730系が

結構走ってました。

f:id:nagee4678:20190620183957j:plain

地上時代の「新一宮駅

せせこましいホームでした。

新岐阜駅へ戻ります。

f:id:nagee4678:20190620184105j:plain

新岐阜駅へ戻ってきました。

「6000系」の2次車。

まだまだ現役で走ってます。

ここは1階の「各務原線ホーム」

名古屋本線」は2階。

こちらは、ちょっと裏道っぽいムードでした。

この日はここで終了。

この世から無くなった車両を

たくさんご紹介させて頂きました。

まだまだ乗り回します。

 

f:id:nagee4678:20190620184516j:plain

かまってほしい時の、定位置です。

あまり放置すると、柱で爪研ぎをやり出します。

ちなみに、この子はスイカ食べません。

 

今日はこの辺りで失礼します。