青春18切符で、105系・近鉄田原本線びしょ濡れの旅 その1(再掲)

足腰もちょっと弱くなってきたし、

所得も全国平均を下回ってるし、

でもどこかへ出かけたいので、

「特典付き 中年40きっぷ」

(特急自由席乗り放題)

(全国のキオスクで、1回使用につき1本アルコール飲料付き)

(3日間で、6000円)

を、JRさんや私鉄さんに作ってほしいナゲーです。

 

ということで、再掲で申し訳ありませんが、

桜の記事でご紹介した

帯解・箸尾巡りを詳しくご紹介します。

お見せした写真も出てきますので、

「つまらないなぁ」と思った方は

スルーして頂いて構いませんが、

出来たらお付き合いいただけたら幸いです。

 

f:id:nagee4678:20190703202616j:plain

青春時代は終わりましたが

中年真っ盛り!

(買うときにちょっと恥ずかしい)

結果的には、朝から大雨で

メチャクチャな道中になりましたが、

①引退間近の105系の撮影

近鉄田原本線・緑色復刻塗装撮影 4度目の正直

おおさか東線初乗り

以上の目的で、大雨決行しました。

(撮影目的の遠出降水確率 70%)

 

2019年4月10日。悪運の雨模様。

米原駅付近のコインパーキングに駐車。

4:58発の始発電車に乗って京都まで。

彦根で座席が1人掛けでほぼ埋まります)

京都ですぐに「奈良線」に乗り換え。

(時間が無いので、写真がありません)

運良く「103系」に乗車。

 

f:id:nagee4678:20190703203245j:plain

奈良駅で記念撮影。

この乗務員さんも、国鉄を知らない世代かなぁ。

こんなボロイのに乗りたくないと

内心思ってるかも。

まだ7時台ですが、案外静かな奈良駅です。

 

早速、桜井線に乗って「帯解駅」へ。

しばらく105系が来ないので、

思い出の地「帯解寺」へ。

 

f:id:nagee4678:20190703203906j:plain

実は約20年ぶりの訪問。

なかなか子供を授からなかったので、

嫁さんと御祈願に来たことがあります。

その時はクルマでした。

いろんな方のお力で、授かることが出来ました。

 

この日は開門したばかり。

一番乗りで参拝させていただきました。

f:id:nagee4678:20190703204358j:plain

境内の桜も見事でした。

 

f:id:nagee4678:20190703204446j:plain

駅からほど近いので、

ゆっくりと町中も散策。

f:id:nagee4678:20190703204610j:plain

傘とカメラをぶら下げて、ウロウロ。

行き交う人は、ほぼ地元の方と思われる人達。

こんな朝から、さすがに観光客はいないですよね。

 

「105系」が来る時間になりました。

駅前には狭いですが、歩道付きの

線路を跨ぐ道路があって、良い感じ。

f:id:nagee4678:20190703204851j:plain

お~ぉ、4両編成。

JR西日本さん特有の1色塗りが

国鉄を彷彿とさせます。

「パンダ電車」健在って感じです。

 

f:id:nagee4678:20190703205142j:plain

無理矢理、帯解寺と105系。

この時間帯は、まだ雨がしとしとだったので、

しっかり構えて撮れました。

 

f:id:nagee4678:20190703205324j:plain

221系も撮っておきましょう。

(写真の順番を前後させてます)

 

f:id:nagee4678:20190703205450j:plain

奈良駅から先程の105系が、折り返し。

地下鉄顔の105系も撮りたかったですが、

おなじく、パンダ顔。

帯解駅で行き違いするようで、

雨で滑りながら、駆け足で追っかけ。

 

f:id:nagee4678:20190703205735j:plain

とても古そうな駅舎だったのですが、

全体を撮ると、105系が目立たなくなってしまうので、

出入り口だけ切り取り。

やはり、この塗装が国鉄っぽくて良いです。

 

f:id:nagee4678:20190703205935j:plain

反対側も「パンダ」でした。

古都・奈良地区に、意外と溶け込む105系です。

この光景も、あとわずか。

新型電車は、果たして奈良に溶け込むでしょうか。

 

105系の乗り心地も、少し堪能しました。

時間の関係で、王寺へ向かいます。

 

f:id:nagee4678:20190703210533j:plain

また続きもんかぁ・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。