電車も生まれ変わります 名鉄3900系

会社に行くと、イヤミ・無視・パワハラの嵐。

詰所に居たくなくて

今日も得意の草むしり。

一つ残らず、小さいスコップで

チマチマと全部取ります。気持ちい~!

生まれ変わったら、

人間には絶対なりたくないナゲーです。

 

ということで、昨日の続きをと

思っていましたが、再掲の記事ですので

「それ、もうええわ」と思わるといけませんから

従来通り、昔の写真と織り交ぜて

ご紹介していきます。

 

中学最後の名鉄乗り回しとか言いながら、

高校になっても乗り回していて、

マニア道を突き進んでいました。

既に、高校生活が始まり、

緊張の連続を、写真でほぐそうと

この日は、途中で降りながら、常滑線方面へ。

1987年4月26日。

f:id:nagee4678:20190704191131j:plain

乗ってる電車から見かけたので、

新川橋駅」で下車。

やはり雨の中、数分歩いて

新川検車区の端っこから。

今は柵で見えませんが、

当時は近くを流れる川の堤防道路から丸見え。

「7000系パノラマカー」が

白帯特急車に改造途中の様子です。

車内の座席は、取り払われています。

 

f:id:nagee4678:20190704191631j:plain

隣に停まっていた「3730系」

系統板も差し込まれ、スタンバイ状態。

今だったら、即盗難ですね。

 

f:id:nagee4678:20190704191803j:plain

新川橋駅へ戻ってきました。

駅員さんが、ちゃんと居ました。

駅前の駄菓子屋(左側の家屋)も、名鉄駅では

当たり前に見られた風景。

この時期になると、必ず

「踏切事故防止運動実施中板」が数編成に

付けられました。

 

f:id:nagee4678:20190704192052j:plain

常滑線 大江駅」へ移動。

ほぼ必ず、「デキ600形」が

昼寝していました。

 大江駅の構内は広くて、

廃車になった車両が、たまに留置されていました。

この日は、「3900系」が

旅立ちの時を待っていました。

 

f:id:nagee4678:20190704193234j:plain

毎度の、おおらかな時代。

留置車両の近くで撮れました。

昔は名古屋本線を疾走した特急車両。

車内は固定クロスシート。重厚な走り。

好きな車両の一つでした。

台車がグレーに塗装されています。

この車両、生まれ変わることになっていました。

下回り機器を再利用して、車体だけ新製。

はたして3900系は、喜んでいたのか、

悲しい気持ちだったのか。

僕も複雑な気持ちです。

言葉は悪いですが、人間で言うと

臓器提供のする側と、される側と同じ。

生き物か、ただの電車かの違いだけ。

当事者の方の気持ちを考えると、言葉になりません。

 

f:id:nagee4678:20190704193911j:plain

生まれ変わるのに必要な機器は

台車を除いて、全て取り払われていました。

 

f:id:nagee4678:20190704194331j:plain

ホームから撮影。

こちはは高運転台に改造されています。

昭和62年、3900系はこの世を去りました。

名鉄好きな方は、何系に生まれ変わったか御存知ですね。

その姿も、順次ご紹介していきます。

 

f:id:nagee4678:20190704194808j:plain

大江駅でしばらく撮影。

6000系が一大勢力になり、

これでもか!というほど、

来るのは6000系ばかり。

 

f:id:nagee4678:20190704194922j:plain

大江駅は、急カーブの途上にホームがあり、

当時は急行は通過していましたので、

高速でカーブを通過する、

迫力ある走行風景が楽しめました。

ほぼ、6000系ばかりですが・・・。

 

f:id:nagee4678:20190704195104j:plain

なぜ犬山駅へ向かったのか?

でも、6000系。

クソッ!またか!って感じでしたが、

今となっては、希少種に。

時間は止まってくれませんね。

6000系もそろそろ、真剣に撮らなくては。

 

f:id:nagee4678:20190704195647j:plain

電車も、あの世へ逝くのかなぁ・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。