青春18切符で、105系・近鉄田原本線びしょ濡れの旅 その3

今日は、織姫と彦星が

年に一度だけ再会できる日。

ほぼ、年に一度の「うな丼」に再会したいナゲーです。

 

ということで、本日で最終回の

どしゃ降り旅の第3弾をご紹介していきます。

105系の地下鉄形先頭車を

なんとか記録したいと思い、

いちかばちかで、再び奈良駅へ。

 

いました!

f:id:nagee4678:20190707143354j:plain

記録できました!

この塗装になってからは、

東京(千代田線?常磐線?どこ?)で働いていた頃を

彷彿とさせます。

神はまだ、僕を見放してはいなかったと

感じた瞬間でした。

 

f:id:nagee4678:20190707143927j:plain

昭和の電車も、そろそろ役目を終える時が

来たようです。

最後の日まで、がんばれ105系!

 

お土産に、大坂のたこ焼きを頼まれていたので、

ここからは、おおさか東線に向かって

再び王寺方面に。

 

f:id:nagee4678:20190707144558j:plain

久宝寺駅」に来ました。

読めない駅名が多くて、

ずっと「くぼうじ」だと思っていました。

雨のせいで、カメラバックに入れていた

カメラのレンズが曇っちゃって、

もやがかかったような写真に。

 

f:id:nagee4678:20190707144800j:plain

国鉄形「201系」は、まだ元気なようです。

山手線では走行しなかった201系の「うぐいす色」が

関西で実現しました。

もう「白帯」は、無くてもよさそうですけどね。

 

f:id:nagee4678:20190707145028j:plain

曇ったレンズで撮ると、こうなるんですね。

どしゃ降りの中で、かなりカメラも濡れちゃったし。

 

早速乗り込み、あの「赤川橋梁(だったかな?)」も初体験。

歩道があるうちに、行きたかったです。

おおさか東線は、駅間も短く、私鉄の雰囲気。

お客さんは、昼間だったので少なかったです。

 

f:id:nagee4678:20190707145402j:plain

新大阪駅」に、国鉄形が返り咲きました。

この光景も、いつまで見られるでしょうか。

 

これで、予定していた撮影は

全て終了です。

どしゃ降り以外は、順調に記録できました。

駅ビル内のたこ焼き屋さんで買って帰宅の途に。

結構な値段で、大垣「ラ・ムー」の

100円たこ焼きと、違いが分からないナゲーでした。

 

f:id:nagee4678:20190707145901j:plain

米原まで乗った「新快速」は

運転士さん・車掌さんとも、女性のペアで、

出発・到着のさいのショックも全くなく、

雨による車輪の空転も一切無く、

すばらしい乗り心地でした。

車掌さんは、車内巡回も笑顔でキビキビ動いていらして、

どしゃ降りで傷ついた心を癒す、

すっごく快適な、米原までの1時間半でした。

 

f:id:nagee4678:20190707150517j:plain

だいたい、いつものお決まりパターンで、

目的を達成すると、雨は止んだりします。

この日も、米原に着いたら、小降りになっていました。

悪天候最高!クソッ・・・・。

ずぶ濡れの撮影行、これにて終了です。

足が臭いし、グチョグチョ言って気持ち悪いし、痒い・・・・。

 

f:id:nagee4678:20190707150833j:plain

そんなことより、チュルチュルよこしなさいよ。

 

今日はこの辺りで失礼します。