養老鉄道のデルタ地帯で「令和」撮影

令和の時代になっても

職場は「冷和」のまま。

頭には、三角形脱毛症が出来そうなナゲーです。

会社なんか、どうなったってえー和。

 

ということで、

「冷和」じゃなかった・・・「令和」の

看板を付けた電車が、

養老鉄道さんで走るとのことで、

岐阜に住んでいて、初めてこの場所で

撮影しました。

2019年5月3日。

(構成上、写真時系列が前後しますがご了承下さい)

f:id:nagee4678:20190713105428j:plain

クルマで行っても、多少スペースがありますが、

電車で行っても、この駅で降りたら目の前で便利。

隣を桑名方面の線路が走ってますが、

揖斐方面しか無い駅です。

 

f:id:nagee4678:20190713110018j:plain

電車は大垣を発車すると、しばらく走って

揖斐行きは右側(写真では左)へ、

桑名方面は左側(写真では右)へ分岐するデルタ地点へ。

真ん中は、草ボウボウ。

有効活用出来そうですが、何かが建つと

撮影が不可能に。

同時発車で走ってくると、おもしろそうな線形です。

 

f:id:nagee4678:20190713110543j:plain

黄色い花が、雑草地帯に彩りを添えます。

そうか!

お花畑にしたら良いかも。

(大変な労力なので、軽々しく言うとダメですね)

最近の養老鉄道さんは、

絵柄の系統板が、百花繚乱。

これは、養老線開業100周年記念。

 

f:id:nagee4678:20190713112105j:plain

桑名方面側には、ツツジが。

もう少し右手には、小さい藤棚とベンチ。

朝の内に行くと、わりと待つことなく

電車がやってきます。

 

f:id:nagee4678:20190713111155j:plain

あっちの踏切は鳴ってるけど、

こっちは開いてる。

間違えそうですね。

近鉄線にはよくあった

「とまり きき みて とおれ」

勘違いしていましたが、

「利き手」だけ見て通ったら危ないやんか!

じゃなくて、「聞き」だそうです。

「聞いて」のほうが、よかったかも。

ひらがな書きだと、小さい子でも読めますもんね。

 

f:id:nagee4678:20190713112255j:plain

広角で撮ったので、

電車がすっとぼけた感じに。

とうとう岐阜にも来た、東急電鉄

養老鉄道が、東急鉄道養老線になる日も

近いようです。

 

f:id:nagee4678:20190713112533j:plain

タイミングがずれて、背景の建物が

目立ってしまいました。失敗。

 

では、養老鉄道の車両たちです。

f:id:nagee4678:20190713114318j:plain

せっかく、100周年のラッピングをしたのに

廃車になってしまうD13編成。

近鉄形が、どんどん消滅していきます。

 

f:id:nagee4678:20190713112656j:plain

ラビットカー塗装も、そろそろ引退かも。

 

f:id:nagee4678:20190713112723j:plain

f:id:nagee4678:20190713112751j:plain

京急とのコラボ系統板。

f:id:nagee4678:20190713112856j:plain

f:id:nagee4678:20190713112932j:plain

期間限定「令和」系統板。

昭和→平成を体験しているので

それほど、祝賀ムードを感じない

平成→令和です。

 

最後に、ノーマルな姿。

f:id:nagee4678:20190713113018j:plain

この日は、「センロク」塗装と、

通称「緑歌舞伎」は、撮れませんでした。

 

帰り際に、名阪近鉄バスの復刻塗装車を発見!

1両だけなので、ようやく出会えて

車庫まで追跡。

f:id:nagee4678:20190713113515j:plain

懐かしい、落ち着いた色合いです。

 

大きく変化しだした、養老鉄道です。

撮影はお早めに。

 

f:id:nagee4678:20190713113833j:plain

同じようなポーズばかりで、すみません・・・。

バットマン塗装のまるちゃんです。

 

今日はこの辺りで失礼します。