フィルムを無くして名鉄犬山線、レンタル自転車!?踏破

岐阜地方では、自転車のことを

「ケッタ」または、「ケッタマシーン」と言います。

昔からケッタに乗るのが好きでしたので

小学生は切り替え付きの前屈みタイプ。

中・高生は、3段切り替えの普通タイプ。

イボ痔になってからは、よく乗れても10分程度。

ケッタも、「ママチャリ」ならぬ

「痔痔チャリ」のナゲーです。

 

ということで、前回の記事はこちら。

 

www.nagee-transient.online

 枇杷島分岐点に到達したものの、

肝心なフィルムを落失し、

徒歩踏破した証拠写真を、大部分喪失したので

もう歩く気力は無くなり、

今度はケッタにしようと思い立ちました。

岩倉駅で途切れていたので、

思いつきで、自転車屋さんがあれば、なんとかなるさ!

みたいな感じで、岩倉駅に降り立ち

自転車屋さんが、調子よく駅前にあったので

自転車を借りれないか、突撃交渉。

しぶしぶ、ボロボロのママチャリを貸してもらえました。

メチャクチャな計画です。

1987年12月20日。

では、ご紹介します。

 

f:id:nagee4678:20190803170413j:plain

急カーブが良いところだったなと思って

ちょっと以前の場所へ逆戻り。

岩倉~石仏間。3300系。

 

f:id:nagee4678:20190803170427j:plain

歩いたとき、この写真の

直線区間は、気が遠くなりました。

6000系の側面固定窓最終増備車。

 

f:id:nagee4678:20190805161723j:plain

岩倉~大山寺間。

徳重駅までの間、ちょこちょこ撮りました。

 

f:id:nagee4678:20190805161831j:plain

3650系+800系。

800系は、リベットのボツボツが目立ちます。

 

f:id:nagee4678:20190805161943j:plain

5700系をサンドイッチする5500系。

系統板は、在庫が無かったのか

豊川稲荷」と毛筆書きした紙を貼り付けたもの。

系統板運用も複雑でしたので

時折、このような現象が見られました。

 

f:id:nagee4678:20190805162722j:plain

後ろは、まともな系統板。

5700系の展望が台無しな編成でした。

 

f:id:nagee4678:20190805162845j:plain

 

f:id:nagee4678:20190805162934j:plain

7300系+800系の格差社会編成。

もう冬でしたので、格差は解消しました。

 

f:id:nagee4678:20190805163034j:plain

ようやく「徳重駅」に到着。

今はとても立派な、「徳重・名古屋芸大駅」に

生まれ変わりました。

 

f:id:nagee4678:20190805163233j:plain

続いて「西春駅」

商店街の祭りなのか、

今ではあまり見ない「万国旗」が

張り巡らされています。

 

f:id:nagee4678:20190805163405j:plain

国道をまたぐだけの高架線が、真新しいです。

8800系が、震えるミュージックホーン

鳴らしながら、高速通過。

 

f:id:nagee4678:20190805163554j:plain

犬山線は、名鉄のドル箱路線なのは

昔も今も同じ。

たくさんのお客さんが乗ります。

 

f:id:nagee4678:20190805163714j:plain

西春~平田橋間。

高架橋を吊り掛け車が走ると、

めちゃくちゃ唸り音が響きます。

 

f:id:nagee4678:20190805163830j:plain

パノラマカーは軽やかに

高架橋を上がっていきます。

 

f:id:nagee4678:20190805163923j:plain

高架橋が終わったと思ったら、

またすぐに、33.3‰の急勾配。

 

f:id:nagee4678:20190805164022j:plain

現在は高架橋となり、地下鉄が這い上がってくる、

この写真からは想像も出来ない

上小田井駅」という大きな駅に変貌しています。

 

ちょっとここで、小休止。

勾配を駆け上がる列車を撮影します。

その様子は、また次回。

ホントは、ケツが痛くなったので・・・・。

 

f:id:nagee4678:20190805164421j:plain

手を掴んだりすると、すぐに隠れる

まるちゃんです。

 

今日はこの辺りで失礼します。