本人未踏の、枇杷島分岐点に到達!名鉄犬山線自転車踏破

48年生きてきまして、

いろいろ、分岐点がありました。

今、最大の人生分岐点は、

髪の毛が、これ以上減るか・減らないか。

非常に悩ましい問題を、常に抱えるナゲーです。

 

ということで、前回はこちら。

 

www.nagee-transient.online

 いよいよ、「枇杷島分岐点」に到達です。

 

f:id:nagee4678:20190809133237j:plain

犬山線へ下りてきた電車を撮影。超逆光。

 

f:id:nagee4678:20190809133333j:plain

現在は、名鉄名古屋駅終着の特急が

ここまで着て、左側の留置線に

停車している姿が見られます。

 

f:id:nagee4678:20190809133457j:plain

当時は、デルタ地帯に

民家が建っていて、小さい踏切がありました。

もうその時は空き家だったような。

デルタ地帯から、名古屋本線を行く列車を見ます。

 

f:id:nagee4678:20190809133735j:plain

犬山線から、分岐点へ向かう特急。

もう白帯解除された7000系編成が。

逆さ富士も特急専用のまま、格下げされました。

座席にヘッドレストが無いタイプは

白帯解除されていました。

 

f:id:nagee4678:20190809133936j:plain

犬山方面へ行く特急を、

手前でやりすごす、名古屋方面への列車。

 

f:id:nagee4678:20190809134058j:plain

いわゆる「砂入」と言われた線路。

ネットには、もっと詳しく書いてあります。

体験する列車が、かつて運転された記憶が・・・。

民家へ行く踏切。

古めかしい変電所。

このデルタ地帯に住みたいと、

本気で思っていました。

 

f:id:nagee4678:20190809134558j:plain

分岐点先端にある踏切へ。

空き地があって、傍には「0キロポスト」が。

 

では、枇杷島分岐点を行き交った

1987年ちょい古写真を、

枚数がありすぎるので、

2回にわけてご紹介していきます。

 

f:id:nagee4678:20190809134906j:plain

「7100系」本線急行が分岐点に進入。

右側奥の建物は、信号取扱所(だったと思います)。

当時はCTCではなく、信号は駅扱いでしたので

職員さんが常駐していたと思います。

(電車の中から、人影を見た事があります)

ここで、信号扱いしていたのなら

神業としか言いようがない信号捌きですね。

 

f:id:nagee4678:20190809135733j:plain

格下げされた、元白帯特急車。

イスだけそのままです。

 

f:id:nagee4678:20190809140054j:plain

「3400系」が急カーブ・急勾配を走ります。

 

f:id:nagee4678:20190809140148j:plain

白帯格下げ車が出てきたのに、

一般車両の特急が、まだ走ってました。

やっぱり、ちょっと損した気分になりますよね。

 

f:id:nagee4678:20190809140313j:plain

 

f:id:nagee4678:20190809140337j:plain

「3730系+3700系」

回送電車も、たまに走ってきました。

 

f:id:nagee4678:20190809140434j:plain

分岐点の踏切は、ひっきりなしに鳴って

名鉄好きには、たまらない場所です。

 

f:id:nagee4678:20190809140556j:plain

あっちへ行ったと思ったら、

待ってた電車が走ってきて、

通り過ぎたら、また反対方向の矢印が・・・。

 

f:id:nagee4678:20190809140736j:plain

特急も、高速も、

ここではみんな「低速」に。

今は制限50㎞/hですが、乗ってると

かなり左右に振られます。

 

f:id:nagee4678:20190809141138j:plain

 

f:id:nagee4678:20190809141205j:plain

 

f:id:nagee4678:20190809141225j:plain

こちらは「5700系」5702編成。

堤防道路なので、クルマも通りますが、

なにせ、踏切はほぼ鳴りっぱなしなので、

通過するのは至難のワザ。

急いでいる人は、まず通りません。

 

f:id:nagee4678:20190809141438j:plain

「ぎふ中部未来博」のステッカーを付けた「6500系」

 

f:id:nagee4678:20190809141600j:plain

一目で分かる「7500系・7515編成」

中間車に運転台を付けた車両を持つ編成。

逆さ富士が、多車より大きいサイズ。

 

f:id:nagee4678:20190809141738j:plain

またまた5500系の高速。

検査明けで、台車がきれいなグレーになっています。

 

ここで、ちょうど半分。

残りの写真は次回、ご紹介します。

 

f:id:nagee4678:20190809142022j:plain

飽きるよね~。

 

今日はこの辺りで失礼します。