名鉄・岐阜市内本線 迫る廃線

テレビで話題になっている、

クルマの煽り運転の容疑者が

逮捕されましたね。良かったです。

クルマは煽られたくないですが、

仕事や、子供の相手等

煽ってくれないと、動けないナゲーです。

 

ということで、

岐阜市内も、これが走っていたら

煽られることも無いかもというお話しです。

ナゲーの子供達は、

岐阜に、ちんちん電車が走っていた事を

知らない世代です。

「ぎふ中部未来博覧会」が開催決定になり、

その煽りで、名古屋鉄道岐阜市内本線(通称・長良線)が

廃線決定となりました。

観客輸送の障害になると、岐阜市が結論付け

名古屋鉄道さんも、赤字に困り、

岐阜バスも走りやすくなるという、

なにか、裏でドロドロとうごめくものを感じる決定でした。

廃線のつけは、岐阜市繁華街の惨状を見てもらえば

お分かりになると思います。

岐阜のシンボルで、廃線になるなんて

思いもよらなかったので、

記憶に残すべく、撮影しました。

1988年2月7日。

 

f:id:nagee4678:20190819131912j:plain

前日までに降った雪が、まだ所々に残っています。

名鉄岐阜市内本線・長良北町駅。

(電停とか停留所ですが、あえて駅と言います)

通称長良線は、急カーブが多く

細い車体の「550形・560形」しか

入線出来ませんでした。

ここから先も、高富まで路線がありましたが、

ナゲーが地獄に居るうちに廃線になってます。

岐阜市内線には、岐阜駅前を除き、

安全地帯がありませんでした。

常に、クルマにはねられる危険がありました。

実際に死傷者も出ていますが、廃線になるまで

ほとんど対策は施されませんでした。

長良北町駅は、単線になっていて

電車が発車しないと、次の電車が

入れませんでした。

 

f:id:nagee4678:20190819132729j:plain

長良北町~鵜飼屋間。

クルマに埋もれて、北町行きが遠慮して走ります。

道幅が狭い上に、複線だったので

余計に邪魔者扱いされていました。

 

f:id:nagee4678:20190819132929j:plain

長良川の川原に降りて、岐阜城と一緒に。

長良橋は、博覧会にむけて塗装中。

 

f:id:nagee4678:20190819133054j:plain

クルマが居ない時は、ササーっと走り抜けます。

 

f:id:nagee4678:20190819133211j:plain

長良橋駅。と言っても

道路に白線が引いてあるだけ。

路上で待つことは、自殺行為です。

 

f:id:nagee4678:20190819133337j:plain

黄色の系統板は長良線、白色は忠節方面と

色分けがされていました。

赤字は新岐阜駅前折り返し、黒字は岐阜駅前行きでした。

553号は、花電車専用。

祭りになると、飾り付けされました。

 

f:id:nagee4678:20190819133601j:plain

(このときはまだ清流だった)長良川と、ちんちん電車。

長良川河口堰が出来てからは、

たくさんの藻が浮くようになりました。

 

f:id:nagee4678:20190819133759j:plain

553号が折り返してきました。

郊外へ行く主要道路なので、混雑します。

後方には、岐阜から撤退した名鉄バス

 

f:id:nagee4678:20190819134004j:plain

岐阜は、宮内庁直属の鵜飼で有名です。

鵜匠さんは、宮内庁の職員。

御料鵜飼というのが、行われているそうです。

ちなみに、ナゲーは岐阜に住んでいながら

1回も、鵜飼を生で見たことがありません。

(料金が高すぎて、屋形船に乗れない)

 

f:id:nagee4678:20190819134446j:plain

名水百選の名が泣きます。

当時は、良く泳ぎに行って、

水もそのまま飲んだ事もありますが、

今は、いろんなものが浮いていて

飲めたもんではありません。泳ぐ気にもなれない。

きれいな頃を知っている人は、

泳がないんじゃないでしょうか。

 

f:id:nagee4678:20190819134745j:plain

廃線は表明されましたが、まだ数ヶ月先でしたので、

撮影しているマニアさんは、皆無。

クルマの軌道内走行可でしたので、

電車が立ち往生するのは、しょっちゅうでした。

 

f:id:nagee4678:20190819134951j:plain

公園前~長良橋間。

 

f:id:nagee4678:20190819135050j:plain

夕方の斜陽を浴びて、トコトコ走ります。

雪の後で、砂埃が舞い上がります。

 

f:id:nagee4678:20190819135209j:plain

公園前駅。

岐阜城の麓に、岐阜公園が整備されていて

しょぼい水族館や、動物園がありました。

少しの観光客を乗せます。

岐阜駅前行きですが、

滅多に岐阜駅前へは行かない電車です。

 

f:id:nagee4678:20190819135540j:plain

ここから、伊奈波通付近までは

狭い道を、クネクネ走っていきます。

雪が積もると、どこが乗り場だか

判別が難しくなります。

 

f:id:nagee4678:20190819135746j:plain

本町~材木町間。

電車が居なくなると、我が物顔で

クルマが走り回ります。

 

f:id:nagee4678:20190819135902j:plain

道路には歩道もなく、古い家が点在していました。

 

 

f:id:nagee4678:20190819140317j:plain

一方通行の道路を、電車は両方向に走ります。

真正面から電車が来たら、ビックリしそうです。

右奥へ行くと、公園前駅です。

 

f:id:nagee4678:20190819140516j:plain

今思えば、もっと撮っておくべきだったと

後悔しきれません。

まだ、高校1年生だったので、

事の重大さが、まったく分かっていませんでした。

過去を知っている岐阜市民は、

ちんちん電車を残すべきだったと思う人が

多く居ると思います。

名鉄岐阜駅前から柳ヶ瀬までの、さびれ様は

目を覆いたくなります。

電車があった頃は、夜遅くまで人で溢れていた神田町通りは、

今では夜8時以降は、危ないゴーストタウン並に人が少ないです。

 

邪魔なものは何であっても、排除する。

昔も今も、変わらないということでしょうか。

 

今後もしばらく、岐阜の600V線の写真を

ぽつぽつご紹介していきます。

 

 おまけ

f:id:nagee4678:20190819141452j:plain

正月輸送で、豊川線に入線した「パノラマDX」

豊川稲荷駅にて。1月31日。

 

f:id:nagee4678:20190819141654j:plain

続・びよ~~~~~ん

 

今日はこの辺りで失礼します。