名鉄510形、リバイバル塗装

どこかの鉄道会社さんで、

路面電車の車内で「おでん」を食べる

「おでんしゃ」が走っているようですが、

一昔前は、「ちんちんおでんしゃ」と

言ってたような。

字を入れ換えると

「お◯ん◯んでんしゃ」に・・・・。

昔から「おでんしゃ」だったかな?

今でも下ネタ大好き、ナゲーです。

 

ということで、初っぱなから失礼しました。

岐阜のちんちん電車のご紹介が、

しばらく続きます。

今回は、リバイバル塗装になった

名古屋鉄道510形の写真です。

 

鉄道友の会エバーグリーン賞受賞記念で

懐かしいツートンカラーに塗り替えられました。

 

f:id:nagee4678:20190821214400j:plain

名古屋鉄道揖斐線 旦ノ島~尻毛間。

広告も無く、すっきりした姿。

この塗り分けは、馴染みが無く、

ナゲーが幼少期の頃は、

ハチマキはしていましたが、下部は赤一色でした。

520形の廃車が進み、

510形同士が手を組む事が多くなりました。

 

f:id:nagee4678:20190821222219j:plain

岐阜市内は、ちんちん電車ですが、

揖斐線内は、高速走行。

 

f:id:nagee4678:20190821222501j:plain

尻毛駅で行き違いで走ってきたのは

510形+520形。

 

f:id:nagee4678:20190821222652j:plain

当時は、たくさんのお客さんが乗っていました。

運転室付近まで、ビッシリです。

 

f:id:nagee4678:20190821222811j:plain

風が吹いたら、コロッと落ちそうな鉄橋。

 

f:id:nagee4678:20190821223245j:plain

美濃北方駅を発車していく510形。

この時は、どうやって移動して撮影したのか

全く記憶にないのですが、

とりあえず、今日の仕事が遅くなったので、

ここで、切り上げます。

 

f:id:nagee4678:20190821223512j:plain

寝ます。

 

今日はこの辺りで失礼します。