見るに耐えない、ポケットカメラ画像 瀬戸線・その他

本日は、嫁さんのお父さんの7回忌。

ナゲーの母親も今年が7回忌。

嫁さんのお父さんは、釣りが好きで、

今日は、いつも鮎釣りをしていた場所で

供養しに行きます。

ナゲーが死んだときは、

骨を砕いて、思い出深い

名古屋鉄道茶所駅の線路に

散骨してくれるように、遺言するナゲーです。

(無理に決まってるし!)

 

ということで、

見るに耐えない、ポケットカメラの写真を

ご紹介していきます。

フィルムのサイズが小さいので、

スキャナーで読み込むときのセッティングは

サイズに合うアダプターが無くて

非常に苦労しました。

今回はこちら。年代は不詳です。

 

f:id:nagee4678:20190825105106j:plain

名古屋鉄道瀬戸線 栄町駅

準急板が、新しいタイプなので

それほど古くないかな。

「3770系」瀬戸線ほぼ専用車両。

瀬戸線は、地下を走るということで

名鉄さんではめずらしい、

貫通幌を使用していました。

 

f:id:nagee4678:20190825105323j:plain

つづいて「喜多山」行き。

 

f:id:nagee4678:20190825105409j:plain

「3780系」

ミュージックホーンを備えてますが、

パノラマカーの分類にはなっていませんでした。

瀬戸線に来る前は、本線で

ストロークリームに赤帯」姿で

ミュージックホーンを鳴らしながら

走っているのを、茶所駅で見た事があります。

 

f:id:nagee4678:20190825105620j:plain

「6600系」

最近まで活躍していました。

瀬戸線の方向幕は、種別も一体で回転するタイプ。

緑色が好きなナゲーは、準急が大好きでした。

 

おそらく、小学4年頃かな?

オヤジに連れられて来た記憶が少し。

新名古屋駅に移動。

 

f:id:nagee4678:20190825161718j:plain

1日2回しか走らない「特急北アルプス」を見たくて

たぶん、粘ったんだと思います。

 

f:id:nagee4678:20190825161832j:plain

それにしても、ひどい画像です。

 

たぶん、この後は岐阜に戻ったのかな。

 

f:id:nagee4678:20190825162039j:plain

毎日夕方に走ってた「特急 蒲郡行き」

 

f:id:nagee4678:20190825162408j:plain

f:id:nagee4678:20190825162424j:plain

7000系白帯車の初期タイプ座席。

クッションが多少柔らかくなったかな?と、

シートカバーが分割されて、

当時としては、「おーっ、特急車だ」

って感じでした。

スピードメーターは閉鎖されたまま。

 

続いて、テリトリーの茶所駅

 

f:id:nagee4678:20190825162759j:plain

5200系唯一の高運転台車が

4両編成だった時代。

 

f:id:nagee4678:20190825162916j:plain

7700系にも、白帯車が出てきた頃。

7000系の一般車と併結した

格差社会特急」

白帯車の指定席に当たった人はラッキーです。

当時は、座席の指定までは

出来ない時代だったと思います。

7000系のパノラマ席を指定するのは至難のワザ。

手書き発行してもらわないと取れなくて、

結構、手間がかかったようです。

駅員さんに、敬遠された記憶があります。

 

ムニャムニャの写真、失礼しました。

まだまだ、失望しますので

ご辛抱をお願い致します。

 

f:id:nagee4678:20190824142923j:plain

そんなん見せて、どうするの?

 

今日はこの辺りで失礼します。