名古屋鉄道 510形感激の 美濃町線里帰り運転

長期の休みになると、

Uターンや里帰りで、

日本中が忙しくなります。

ナゲーの場合、

父方の里は、関市武芸川

(現在地からクルマで約1時間)

母方は、名古屋市中川区

(電車で約1時間)

嫁さんとは、近距離結婚でしたので

実家は、クルマで約5分。

遠くへ里帰りする体験をしてみたいですが、

いつかは、遠いあの世へ里帰りするナゲーです。

 

ということで、本日は

名古屋鉄道510形が、リバイバル塗装になり、

出身地の美濃町線へ帰る

鉄道友の会エバーグリーン賞受賞記念

 510形美濃町線里帰り運転」

(イベント名長すぎ!)

の様子を、2回に分けてご紹介します。

1988年3月27日。

 

f:id:nagee4678:20190831151459j:plain

スタートは、名鉄揖斐線黒野駅

コースは、黒野駅をスタート後

営業列車は通らない、徹明町の回送線を通り

美濃町線に進入、新関駅ゴールというもの。

営業列車のスジで走ったので、

特別乗車券は不要、誰でも乗れる列車でした。

車庫でスタンバイする、510形の晴れ姿。

 

f:id:nagee4678:20190831153007j:plain

黒野駅からは、3両清一編成でスタート。

受賞したのは1987年度なのかな?

 

f:id:nagee4678:20190831153251j:plain

発車の時間が迫り、みんな大慌てで撮影。

せっかく、腰をかがめてもらってますが、

バッチリ写ってます。

もちろん、ナゲーは気にしません。

さすがに顔面ドアップとかはダメですが。

各駅停車で忠節まで定期列車として運転。

「新関」となっているので、途中駅のお客さんは

とまどう人が居て、車掌さんが乗ってもいいよと

説明していました。

 

f:id:nagee4678:20190831153629j:plain

忠節に着きました。

ここで、最後部の515号とはお別れ。

美濃町線の有効長の関係で、

2両編成になって発車します。

イベント列車でしたが、ギューギュー詰めでは

ありませんでした。

 

f:id:nagee4678:20190831153849j:plain

徹明町の回送線を走り、

神田町通りを横切ります!

初めての光景に逝きまくり。

そのまま、美濃町線に進入。

510形の里帰り運転が、ここから始まります。

実際に、510形が美濃町線を走る昔の姿は、

ナゲーは、見たことがありません。

 

f:id:nagee4678:20190831154157j:plain

競輪場前駅に到着です。

写真の600形が、510形に道を譲り、

続行運転で、新関まで追っかけます。

先頭を走る510形には

黄色円盤の続行マークがつけられていたはず。

美濃町線内も、営業列車スジでの運転です。

 

f:id:nagee4678:20190831154510j:plain

日野橋駅で、小休止です。

行き違い電車の到着を待つ間に、

簡単な撮影会になりました。

編成が長すぎて、ドアの足元は砂利。

 

f:id:nagee4678:20190831154626j:plain

美濃町線の電柱にはよく付いていた

「起き上がり最中」の看板。

ナゲーはいつも、心が「起き上がれない最中」

(これは岐阜名物のお菓子です!)

600形と510形の出会い。

ステップは、すごい段差で

手すりを掴まないと乗れない、バリアスゲー状態。

 

f:id:nagee4678:20190831155456j:plain

まだまだ、プチ撮影会は続きます。

線路の中も歩きたい放題。

(線路が砂利に埋まりそうです)

車両接触限界もお構いなく、分岐上に停車。

 

f:id:nagee4678:20190831155621j:plain

行き違い電車の、880形が接近。

プチ撮影会も終了。

この後は、行き違いも短い停車で

順調に新関駅へ。

 

f:id:nagee4678:20190831160003j:plain

510形にとっては、懐かしい

新関駅に里帰りを果たしました。

速攻入れ換えで、転線します。

 

f:id:nagee4678:20190831160153j:plain

美濃方へ引き上げ、後をついてきた600形に

ホームを譲ります。

日当たりが良い線路際は、洗濯物の恰好の干場に。

 

f:id:nagee4678:20190831160351j:plain

追っかけてきた600形と並びます。

510形としては、美濃駅まで

行きたかったのでは、ないでしょうかね。

 

f:id:nagee4678:20190831160523j:plain

折り返しまで、1時間くらいだったでしょうか。

撮影タイムで、やはり線路入りたい放題。

復路は、忠節行きでした。

 

f:id:nagee4678:20190831160707j:plain

新関~美濃間のヌシとなった、

590形と御対面。

 

f:id:nagee4678:20190831160822j:plain

やはり、車両の大きさが違いますね。

510形が590形を、圧倒しています。

 

本日はここまでで、

復路の様子は、次回ご紹介します。

お悲しみに!

 

f:id:nagee4678:20190831161116j:plain

別に、見たくねーしー。ペロペロしてたほうがいいしー。

 

今日はこの辺りで失礼します。