他の方のブログを拝見して、思いつきで和田岬へ!

最近、時代劇ドラマは

すっかり影を潜めていますが、

ナゲーが小学生の頃は

時代劇ドラマ全盛期っぽい時代でした。

有名なのは「水戸黄門」とか、

暴れん坊将軍」とか。

両親がよく見ていたので、強制的に見せられました。

そして今、我が家には、

「ひねくれん坊将軍」が1名。

メリケン大好き姫」1名。

「大奥」1名。

「オネコ様」1名。

そして、「怒りん坊将軍」のナゲーです。

 

ということで、久しぶりに

現代の写真をご紹介します。

ある読者さんのブログに触発されて

「老人ハラハラ切符」で、和田岬線播但線

行って参りました!

(ある読者さん、マネしてごめんなさい!)

「怒りん坊将軍」撮影の舞台、姫路城も

行けたら行こうと思いつつ、

まずは、名鉄築港線のような、JR和田岬線ヘ。

間に合うよう、いつものように

午前3時、米原駅へ向かってクルマで家を出発。

2019年9月4日。

前日までの天気予報は、兵庫県は雨。

またか・・・・。悪運の始まりです。

 

f:id:nagee4678:20190908145921j:plain

午前4時30分、米原駅到着。

覚悟の折りたたみ傘が、荷物の邪魔ですが

今のところ良い天気。

4:58始発電車 普通網干行きの客になります。

兵庫駅までは、約2時間40分。

イボ痔の手術をしたナゲーの

水戸黄門」ならぬ、「岐阜肛門」は、

悲鳴を上げそうになる前に、兵庫駅に到着。

和田岬線の通勤ラッシュは、半分ほど終了し、

早くしないと午前の列車が終わってしまうので、

肛門の痛みも忘れ、兵庫駅を後にして、

途中の撮影スポットを探しながら、徒歩で「和田岬駅」へ。

徒歩の通勤者に紛れながら、

 

f:id:nagee4678:20190908150622j:plain

途中で、古そうな建物があったので

とりあえず貴重な列車の1本を撮ります。

 

そして、有名撮影地へ。

 

f:id:nagee4678:20190908150807j:plain

国鉄色103系、撮りましたぁぁぁ!

兵庫運河を渡る、一番有名な所でしょうか?

同業者の方が数名。

 

f:id:nagee4678:20190908150946j:plain

折り返しの満員電車。

急いで、反対側の道路へ快速徒歩。

道路には、螺旋状の歩道があって

何とかそこへ間に合うか・・・・。

 

f:id:nagee4678:20190908151140j:plain

間に合いました。

倉庫群を入れて、岬の感じを出してみましたけど。

 

f:id:nagee4678:20190908151322j:plain

う~ん。普通の写真になってしまった。

 

f:id:nagee4678:20190908151723j:plain

運河には、何やら「木人拳」のようなものが

手を繋なぎそうな形で、突き刺さっていました。

なんとなく撮影。

 

汗だくになって、和田岬駅を目指します。

途中、下町っぽい所があって、電車と撮りたかったのですが、

1本逃すと、後の予定に響くので

泣く泣く通り過ぎ、和田岬駅へ到着。

 

f:id:nagee4678:20190908151858j:plain

駅舎が無いんでしょうか?

もうすぐ電車が来るので、じっくり観察もせず。

兵庫駅から、結構距離がありました。

 

f:id:nagee4678:20190908152038j:plain

オッ、「笠松

岐阜に思いを馳せます。(日帰りですが)

笠松を103系が走ります。

 

f:id:nagee4678:20190908152230j:plain

ドアが開くやいなや、ダッシュの通勤者さんが。

仕事場には、1分1秒でも遅く行きたいですよね。

 

f:id:nagee4678:20190908152415j:plain

6両編成で、これだけのお客さんですから、

廃線には絶対にならないですね。

名鉄築港線とは比べものにならない

お客さんの多さです。

名古屋はクルマ社会ですからね。

 

f:id:nagee4678:20190908152620j:plain

昔は、座席がほとんど取り払われた

旧型客車を、ディーゼル機関車が引っ張る

すごい路線だったんですが

(本でしか見たことが無いです)

この103系も、近いうちに

大阪環状線のような、新型電車に

代わりそうですね。

ほぼ、原型を保つ

スカイブルーの103系でした。

まだまだ、がんばってほしいです。

 

f:id:nagee4678:20190908153120j:plain

電車に乗って、兵庫駅へ帰ってきました。

時刻は9時前。通勤ラッシュもほぼ終わり。

和田岬線って、山陽本線の一部なんですね。

知りませんでした。

美濃赤坂線みたいな感じですね。

さあ、乗り換えて姫路へ行こう!

 

????????????・・・・。

 

出られない・・・・・・。

 

和田岬線山陽本線は、

改札が完全分離されていました・・・。

どうしよう・・・。間に合わない。

どうやって出るんだ?

「老人ヘロヘロ切符」を改札機が理解できる

「AI」改札機なのか?

考えてると、同業者の方がインターホンで

話していて、インターホンの下には

切符を確認するカメラらしい台が。

なるほど、カメラ越しに見せるのか!

マネマネ人生のナゲーは、

すかさず同業者さんのマネをして

「同じく、乗り換えたいんですが・・・・」

自動改札機は、ナゲーにボディーブローを喰らわす事無く

通してくれました。

いつも思うけど、あの自動改札機のゲート、

小さな子連れの人が、先に子供を行かせて

後続の大人が、間違った切符を入れたら、

柔らかいけど、間違いなく子供の顔面にヒットして

ノックアウトだなと思うのは

ナゲーだけでしょうか?

 

f:id:nagee4678:20190908154244j:plain

余計な話しをしました。

兵庫駅の、何か歴史を感じさせる

改札内通路を見ながら、

姫の路へ向かいます!

字だけ見たら、すごくワクワクしますね!

 

f:id:nagee4678:20190908154743j:plain

スケベ!ヘンタイ!

 

ここまで、異常なほど順調なんだけど、

悪運ナゲーは、順調すぎて怖いなぁ。

続きは、また次回です。

 

今日はこの辺りで失礼します。